TOPICS

11月16日(土)講義見学「意匠・商標法応用特論」&大学院説明会【KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科】

KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科

KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科は、講義見学「意匠・商標法応用特論」&大学院説明会を開催する。概要は以下の通り。

■受講対象者

・2年以上の企業又は官公庁における実務経験のある方

・大学院への進学、知財業界へのキャリアチェンジを検討している方

・弁理士や知的財産管理技能士などの国家資格を目指している方

■イベント概要

2017年に厚生労働省より「専門実践教育訓練講座」の指定を受けたKIT虎ノ門大学院イノベーションマネジメント研究科の概要について、市村直也 教授による説明会を開催する。MIPM(知的財産マネジメント)修士課程の特長や履修モデルなど、ウェブサイトやパンフレットだけでは伝えきれない修学のメリットや魅力を話すと共に、普段より抱いている皆さんのあらゆる疑問にお答えする。

また、当日はグループ相談会形式で、KIT修了生にも参加してもらい、仕事と学業を両立する上での苦労話や、その乗り越え方など、“生の声”を届ける。続く、後半の講義見学では、青木博通 客員教授の「意匠・商標法応用特論」の講義を、実際に見てもらう。

■講義見学の詳細

「意匠・商標法応用特論」では、意匠法の保護対象、登録要件、意匠の類似、出願手続、権利の効力、意匠権侵害等の事項に関する主要な判例、商標法の保護対象、登録要件、商標及び商品・役務の類似、出願手続、商標権侵害及びその救済、審判等の事項に関する主要な判例について講義を行っていく。受講生には各判例に関する条文とその解釈や論点について、講評等を担当してもらい、クラス全体で議論を行う。講義見学イベント当日の判例は、乳酸菌飲料事件 ・ドゥーセラム事件を予定している。

本イベントは、KIT虎ノ門大学院の詳細や知財業界におけるキャリア事例について聞いてもらうと共に、リアルな講義風景も見学できるので、ぜひこの機会を活用してもらいたい。

■場所:金沢工業大学 虎ノ門キャンパス

■定員:20名

■費用:無料

■スケジュール

2019年11月16日(土)

09:30~ (受付開始)

10:00~11:00 「イノベーションマネジメント研究科」説明会/市村直也 教授

11:00~11:30 「質疑応答&グループ相談会」/KIT教職員、修了生

11:30~12:40 「意匠・商標法応用特論」講義見学/青木博通 客員教授

※注意事項

・説明会および講義中のスマートフォンや携帯電話でのカメラ撮影は禁止。

・進行状況により多少延長する場合あり。

◆問い合わせ先

金沢工業大学大学院 虎ノ門キャンパス事務室

〒105-0002 東京都港区愛宕1-3-4愛宕東洋ビル12F

TEL:フリーダイヤル0120-757-242(受付時間:10:00~22:00 ※毎週月曜日/祝日は定休日)

E-mail:tokyo@kanazawa-it.ac.jp

【KIT虎ノ門大学院】

https://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/

ページ上部へ