TOPICS

8月31日(土)講義見学「特許・実用新案法応用特論」&大学院説明会【KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科】

KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科

KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科は、講義見学「特許・実用新案法応用特論」&大学院説明会を開催する。概要は以下の通り。

■受講対象者

・2年以上の企業又は官公庁における実務経験のある方

・大学院への進学、知財業界へのキャリアチェンジを検討している方

・弁理士や知的財産管理技能士などの国家資格を目指している方

■イベント概要

2015年に文部科学省「職業実践育成プログラム(BP)」の認定を受け、さらに教育実績が評価され、2017年に厚生労働省より「専門実践教育訓練講座」の指定を受けたイノベーションマネジメント研究科の概要について、杉光一成 教授による説明会を実施する。MIPM(知的財産マネジメント)修士課程の特長や履修モデルなど、ウェブサイトやパンフレットだけでは伝えきれない修学のメリットや魅力を話すとともに、普段より抱かれている皆様のあらゆる疑問にお答えする。

また、当日はグループ相談会形式で、KIT修了生にも参加してもらい、仕事と学業を両立する上での苦労話や、その乗り越え方など、“生の声”を届ける。続く、後半の講義見学では、酒井宏明教授と加藤公延教授が担当する「特許・実用新案法応用特論」の講義を、実際に見てもらう。

■講義見学の詳細

「特許・実用新案法応用特論」は、1・2学期の基礎科目で学習した事項の理解を深めることを目的として、講義見学の当日は、特許・実用新案法令に関する主要な判例について講義を行う。本科目の後半に実施する受講生自身による判例報告および質疑・討論に向けて、知的財産プロフェッショナルとして必要な専門的事項に関する知識が確実に得られるようにする。

本イベントは、KIT虎ノ門大学院の詳細や知財業界におけるキャリア事例について知ることができるとともに、リアルな講義風景も見学できるので、ぜひこの機会を活用してもらいたい。

■場所:金沢工業大学 虎ノ門キャンパス

■定員:20名

■費用:無料

■スケジュール

2019年8月31日(土)

09:30~ (受付開始)

10:00~11:00 「イノベーションマネジメント研究科」説明会/杉光一成 教授

11:00~11:30 「質疑応答&グループ相談会」/KIT教職員、修了生

11:30~12:40 「特許・実用新案法応用特論」講義見学/酒井宏明 教授、加藤公延 教授

※注意事項

・説明会および講義中のスマートフォンや携帯電話でのカメラ撮影は禁止。

・進行状況により多少延長する場合あり。

◆問い合わせ先

金沢工業大学大学院 東京虎ノ門キャンパス事務室

〒105-0002 東京都港区愛宕1-3-4愛宕東洋ビル12F

TEL:フリーダイヤル0120-757-242(受付時間 10:00~22:00)※毎週月曜・祝日 定休

E-mail:tokyo@kanazawa-it.ac.jp

【KIT虎ノ門大学院】

https://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/

ページ上部へ