TOPICS

12月6日(木)講義見学「M&Eコンテンツ契約実務特論」&大学院説明会【KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科】

KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科

KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科は、講義見学「M&Eコンテンツ契約実務特論」&大学院説明会を開催する。概要は以下の通り。

■受講対象者

・2年以上の企業又は官公庁における実務経験のある方

・大学院への進学、知財業界へのキャリアチェンジを検討している方

・弁理士や知的財産管理技能士などの国家資格を目指している方

■イベント概要

2015年に文部科学省「職業実践育成プログラム(BP)」の認定を受け、さらに教育実績が評価され、2017年に厚生労働省より「専門実践教育訓練講座」の指定を受けたイノベーションマネジメント研究科の概要について、高橋 真木子 教授による説明会を開催する。ウェブサイトやパンフレットだけでは伝えきれない修学のメリットや魅力を話すと共に、普段より抱いている皆さんのあらゆる疑問にお答えする。

また、当日はKIT修了生にも登壇してもらい、仕事と学業を両立する上での苦労話や、乗り越え方など、“生の声”をお届けする。続く後半の講義見学では、大橋 卓生 教授と仲村 隆藏 客員教授 の「M&Eコンテンツ契約実務特論」の講義を、実際に見てもらう。

■講義見学の詳細

コンテンツの製作・利用・流通は契約に基づいて行われる。それゆえ、メディア&エンタテインメント(M&E)産業において、契約は必要不可欠であり、こうした権利を基にビジネスが構築されている。「M&Eコンテンツ契約実務特論」では、M&E産業における主要な分野のコンテンツに関する具体的な契約書の検討を通じて、エンタテインメントコンテンツに関する各種契約書の読み方・作成の仕方を学ぶ。

本イベントは、KIT虎ノ門大学院の詳細や知財業界におけるキャリア事例について聞けると共に、リアルな講義風景も見学できるので、ぜひこの機会を活用してもらいたい。

■場所:金沢工業大学 虎ノ門キャンパス

■定員:20名

■費用:無料

■スケジュール

2018年12月6日(木)

19:00~ (受付開始)

19:30~21:00 「イノベーションマネジメント研究科」説明会/高橋 真木子 教授、KIT修了生

21:00~22:10 「M&Eコンテンツ契約実務特論」講義見学/大橋 卓生 教授・ 仲村 隆藏 客員教授

※注意事項

・説明会および講座において、スマートフォンや携帯電話等でのカメラ撮影は禁止。

・進行状況により多少延長する場合あり。

◆問い合わせ先

金沢工業大学大学院 東京虎ノ門キャンパス事務室

〒105-0002 東京都港区愛宕1-3-4愛宕東洋ビル12F

TEL:フリーダイヤル0120-757-242(受付時間 10:00~22:00)※毎週月曜・祝日 定休

E-mail:tokyo@kanazawa-it.ac.jp

【KIT虎ノ門大学院】

http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/

ページ上部へ