TOPICS

12月6日(水)『Fashion Law ‐ファッションの法的保護の現状・課題と将来の展望‐』 Part3【K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科】

K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科

K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科は、『Fashion Law ‐ファッションの法的保護の現状・課題と将来の展望‐』 Part3を開催する。概要は以下の通り。

■受講対象者

・2年以上の企業又は官公庁における実務経験のある方

・ファッションビジネスに従事されている方、または興味・関心のある方

■講演概要

Fashion Law(ファッション・ロー)という言葉が、世界的に注目を集めている。洋服やバッグなど、ファッションアイテムのデザイン等の法的保護について研究するもので、日本でも、服飾デザインの法的権利に関する研究組織が発足し、デザインの権利を守る動きが広がりつつある。

昨年と一昨年、多くの方に参加してもらい好評を得た「Fashion Law」イベントの第3弾として、今回はFashion Law Institute Japan 事務局長の金井倫之氏、骨董通り法律事務所 弁護士の中川隆太郎氏、内田・鮫島法律事務所 弁護士の山本真祐子氏の3名を招いて、ファッションをめぐる国内外の紛争事例など、近年のトピックスをもとに研究成果を紹介してもらう。

尚、本イベントは知的財産教育協会との共催、繊研新聞社の後援で開催する。他では聞くことのできない大変貴重な機会のため、ファッションビジネスやデザイン業務に関わる皆さんに参加してもらいたい。

■講演の詳細

第1部 『ルブタン商標にみる色と商標』 金井 倫之

“Christian Louboutin”の赤いソールがアメリカで商標として保護されていることは有名な事例だ。ルブタンの赤ソールの商標による保護状況を日本、アメリカ、EUと比較しつつ、色と位置が商標として保護されるのか、それとも「単なる装飾デザインだ」として商標による保護は難しいのかについて、アメリカの事例を参考に検討していく。

第2部 『ファッションデザインは著作物か?−日米欧の現状と展望』 中川 隆太郎

ファッションデザインが著作権で保護されるかどうかは、日米欧でそれぞれ考え方が異なる。本パートでは、チアリーディングのユニフォームのデザインにつき著作物として保護する可能性を認めて大きく話題となった今年3月の米最高裁判決など、国内外の事例を紹介しながら、各国の考え方の概要について解説していく。

第3部 『ファッションデザインの模倣問題』 山本 真祐子

デザイン模倣は、Fashion Lawのなかでも代表的な問題のひとつだ。今回は、有名な商品であるか否かに関わらずデザインの模倣を禁止する不正競争防止法2条1項3号に関して、「どの程度似ていれば『模倣』?」「どれくらいの期間『模倣』してはいけない?」「模倣品と知らずに仕入れて販売してしまった場合はどうなる?」等事例を参照しながら紹介する。また、模倣の責任を問う場合や問われた場合に備え、どのような資料を保管しておく必要があるのかも、併せて説明していく。

第4部 『質疑応答セッション』

最後に、金井倫之氏、中川隆太郎氏、山本真祐子氏、3名に登壇してもらい、会場からの質問を受けつけながら、参加者全員でファッション・ローへの知識と理解を深めていく。

■場所:金沢工業大学 虎ノ門キャンパス

■定員:100名

■費用:無料

■スケジュール

2017年12月6日(水)

19:30 - 20:00 『ルブタン商標にみる色と商標』 金井 倫之

20:00 - 20:30 『ファッションデザインは著作物か?−日米欧の現状と展望』 中川 隆太郎

20:30 - 21:00 『ファッションデザインの模倣問題』 山本 真祐子

21:00 - 21:30 『質疑応答セッション』

※注意事項

・説明会および講座において、スマートフォンや携帯電話等でのカメラ撮影は禁止。

・進行状況により多少延長する場合あり。

◆問い合わせ先

金沢工業大学大学院 東京虎ノ門キャンパス事務室

〒105-0002 東京都港区愛宕1-3-4愛宕東洋ビル12F

TEL:フリーダイヤル0120-757-242(平日10:00-20:00、土曜10:00-20:00)

E-mail:tokyo@kanazawa-it.ac.jp

【K.I.T.虎ノ門大学院】

http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/

ページ上部へ