注目の研究科リポート

テーマ:徹底的な少人数制
学問を「仕事で使える技」にするため社会人に特化して徹底的な少人数制を採用

三谷 宏治 教授
K.I.T.虎ノ門大学院(金沢工業大学大学院)
イノベーションマネジメント研究科

キャッチフレーズは「教育付加価値日本一」

K.I.T.虎ノ門大学院は、石川県にある金沢工業大学が、未来に向けたフラッグシップとして2004年に設置した。対象は社会人。学んだことを仕事ですぐ生かせるように、教授陣の顔触れやカリキュラム、ゼミなどを「実践力」に集約して構成している。

キャッチフレーズは「教育付加価値日本一」。入学から修了までの期間(最短1年間)で、学生の実力にどれだけの「プラスのギャップ」を作り出せるかを目標としている。

一般的に、ビジネススクールで学ぶ社会人は、自分のスキルやキャリアに対する問題意識が相当高いといえる。ところが、そういう人たちでさえ、必ずしも明確な目的やキャリアプランを持って入学するわけではない。多くは漠然とした不安感のもとで「とにかく自分を鍛えよう」と考えて志望する。これは日本特有の現象だが、ビジネスアーキテクト専攻の三谷宏治主任教授は「それで構わない」と考える。そうした学生がこの大学院で自ら課題を見つけ、解決しながら一流の「技」を身に付けられるような態勢・仕組み作りをしているからだ。

学んだことを実践的な「技」にするには、ハードルがいくつかある。それを越えるためには「第一線の教授陣」と「少人数ゼミ」が必須。それらを併せ持っていることこそが、本専攻の強みとなっている。

三谷教授インタビュー「教授陣は第一線で活躍している現役のビジネスパーソン」

本専攻の教授陣は、ほぼ全員が第一線で活躍中のビジネスパーソンでもあります。その教授陣と対峙し、生きた理論や考え方に触れることは、何よりの刺激であり学びになるでしょう。

ただ、それが単なる刺激に終わらないように、本専攻では、「最初に『重要思考』を中核とした戦略思考を学び、そこから発展・応用をくり返して『技』に磨きをかける」という認識を、専任のみならず客員教授間でも共有しています。これは、大学院としては、実はなかなか珍しいことなんです。

私は志願者に「友人をたくさん作りたいならほかのビジネススクールへ。でも、教授ととことん向き合いたければK.I.T.虎ノ門大学院へ」と話しています。この教授陣と密に接することで、ただの学問にとどまらない一生モノの「技」と「人脈」を得ることができるのです。

真剣勝負の場「職場の課題を解決できる圧倒的な少人数ゼミ」

本専攻の学生数は26人、学生は1研究室あたり4~6人です。この専任教員による少人数ゼミが、教授との距離を狭め、「技」の修得に必要な実践力を養う要因になっています。

私のゼミを例に挙げますと、1コマ90分の中で毎週、全ゼミ生が研究課題の発表を行います。1人あたり15~20分。しかも発表は「口頭で」はNG。必ずプロジェクターを使ったプレゼンテーション形式でやってもらいます。発表後は全員でディスカッション。もちろん、私も遠慮なく突っ込みます(笑)。

ゼミで創り上げる論文のテーマは、職場改革、家業のウェブ戦略、起業プラン、何でも構いません。今の自分に一番役立つテーマを選び、真剣に調べ、変革案を作ればいいのです。真に役立つ「技」を修得するには、このように実践に即した濃密な時間の徹底的な反復が不可欠。少人数ゼミはそれを後押しする、学生にとって非常にコストパフォーマンスの高い手段といえます。

(出典:日経キャリアマガジン2013 vol.2 社会人の大学院ランキング2014)

ページ上部へ