グロービス経営大学院(MBA)

(東京校/オンライン校)
102-0084 東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル
0120-153-981
(大阪校)
532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-1-1 新大阪阪急ビル4F
0120-800-751
(名古屋校)
450-6627 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー27F
0120-317-960
(仙台校)
980-6126 宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER(アエル) 26F
0120-188-831
(福岡校)
812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル4F
0120-053-806

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

先輩紹介

塚本 有希 さん

塚本 有希 さん
富士精版印刷株式会社
営業本部
グロービス経営大学院 2017年入学

経営者に必要なハートとそろばん。自分にはそろばんが備わっていない

Q:MBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

A:入社して4年目の秋、とある経営大学院に通う先輩がこんなことを言っていました。
「経営者には、〝ハートとそろばん〟の両方が必要だ。やる気(ハート)だけで経営はできない。知識や数字(そろばん)にも強くならないといけないよ」と。
私は、祖父の経営する会社を後世に継いでいきたいというハートだけは強く持っていたものの、ビジネスに関する知識と数字力、つまりそろばんが足りませんでした。そろばんに強くなり、ハートとそろばんの両方を満たしたい、と思ったのが経営大学院への進学を検討し始めたきっかけです。

求めていたのは、アカデミック×論文ではなく、体系的×実践的な学び。それがグロービス

Q:なぜグロービスのMBAを選択されたのでしょうか?

A:私が経営大学院に求めるポイントが、グロービスに揃っていたからです。
アカデミックな学びも必要とはしていましたが、1つのテーマを深掘りし、論文を書き上げようとは考えていませんでした。また、大学で経営学を専攻していない私でも基礎から体系的に学ぶことができ、実務はもちろん、今後の人生にも役立つと確信が持てるような学校を思い描いていたところ、偶然にも、仕事で立ち寄ったビルにグロービスが入居しており、グロービスとの出会いを果たしました。
調べてみると、まさに私の理想としていた「論文ナシ+基礎科目あり+体系的に学べる+実践志向」の大学院でした。その全てが本当に揃う大学院が存在するとは思ってもおらず、グロービスへの入学をすぐさま検討し始めました。そして単科生として「クリティカル・シンキング」と「マーケティング・経営戦略基礎」を受講することにし、最終的に入学を決意しました。

多様な学生たちとの、教科書に載っていないリアルな議論。その学習スタイルが魅力

Q:グロービスで学ぶ魅力は何でしょうか?

A:グロービスでの学習スタイルそのものに魅力を感じています。
学生生活は、黙々と課題をこなしていく個人の戦いだと思っていたのですが、グロービスでは真逆でした。一方的な講義ではなく、ディスカッションやプレゼンテーションの場で、学生は自らの考えをどんどん声に出していきます。年齢や職業、役職が異なる人達が集まる中で飛び交う言葉から多くの視点を得ることができ、学びが深まります。また、自分の考え方の癖にも気づくことができます。
教科書には載っていない、自身が抱えるリアルな課題を共に話し合うこともあります。授業からだけでなく、クラスメートからも学び、思いっきり語り合えるからこそ、それを実際のビジネスでも活かせるようになるのだと感じています。

単科生として学び始める前の自分より、格段に目指す姿に近づいていることに気がついた

Q:卒業後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

A:当初、ライフイベントと両立できるのかと悩みました。しかし、単科生として1年通学していく中でタイムマネジメントを身につけたため、なんとか可能だろうと思うようになりました。
また、はじめは自分自身の経験不足を心配しました。それを理由に入学のタイミングを遅らせることも考えましたが、単科生として学び始める前の自分と、1年間学んだ自分を比較すると、今の自分の方が、目指している姿に格段に近づいていることに気づきました。そのため、より早い段階での入学が目標への近道だと思い、出願に至りました。

自分よりも年齢も役職も高い人たちを前に、臆することのない度胸がついた

Q:グロービスのMBAで得たものを一言で表現すると何になりますか?

A:学んだ科目が増えるたびに、着目するポイントが増えていきました。そして、そこで得た知識と、授業で発言を重ねたおかげで、度胸がついたように思います。リポーターをしていたため、人前で話をすることには抵抗がなかったのですが、社会人になってから急に緊張するようになりました。
グロービスの授業でさえ、緊張して顔が真っ赤になることがあったのは、年上の大先輩ばかりの中で、自分の発言に自信が持てなかったのだと思います。経験の浅い私が発言することで、皆さんの時間泥棒をすることにならないだろうかと考えていました。しかし、学びを重ね、少しずつ知識も増えていくと、自信に繋がります。それまでの私は、過度に恐がりすぎていたのだと気づきました。現在は、社内でも活発な意見交換ができるように、グロービスのような雰囲気づくりに努めています。

ページ上部へ