KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科

105-0002
東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル12F
大学事務局 虎ノ門事務室
TEL.03-5777-2227

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

先輩紹介

渡邉 真啓 さん

渡邉 真啓 さん
KIT虎ノ門大学院
2017年度入学
大手ITサービス会社 部長

働きながら学ぶ 幅広い知識の習得

経歴と自分の実力にギャップを感じる

大学を卒業後、最初に就職したのは人材派遣サービス会社の営業。仕事を続けるうちに、マーケティングに関心を持つようになりました。営業が目の前の担当者を動かすものだとしたら、マーケティングはロジックや戦略を背景に市場を動かすもの。その面白さに魅了された私は、マーケティングの経験を深められるネット系広告代理店に転職しました。その後、「うちのマーケティングに来ないか」と誘われ、人材サービス会社に転職。そこで2年間役員を務めた後、ベンチャー企業に転職し、取締役に就任。1期目は黒字だったものの、2期目以降になかなか利益を上げられず、退く決意をしました。
次の仕事を検討した時に気になったのが自分の経歴と実力のギャップです。企業の役員やトップという経歴を見れば、相手は相応の能力を期待してくるでしょう。本当に経歴に見合う実力が自分にあるのか、正直疑問でした。その疑問や不安を少しでも埋める手段として、若い時から考えていたMBAの取得を選びました。

教授や仲間との交流で苦手な科目も克服

KIT虎ノ門大学院に決めた理由は、非常にまじめな人が多い学校だと感じたからです。修了論文が必須な点も、学問に対する真摯な姿勢を感じて好印象でした。さらに、1年間で修了が可能なところも大きなポイント。自分の集中力、体力を考えると、短期集中で学んだ方がいいと判断しました。
入学してみると、教授も学生も想像していた以上に意欲的な方ばかりで、改めて身の引き締まる思いがしました。カリキュラムの中には今までの職務で縁がなく、関心を持たなかった科目が多くありました。教授から「あえてそういう科目を学ぶことに意義がある。教養が広がるよ」とアドバイスをいただき、いくつか受講してみることに。おかげで、苦手意識のあった会計学や知財関係も面白く感じるようになりました。
ただ、1年で必要な科目をすべて履修するというのはなかなかハードで、連日のように何十枚という資料を読み込んでリサーチしたり、レポートを作成したり。講義中は講義中でどんどん意見を求められ、常に脳がフル回転という感じでした。

修了論文があったからこそかけがえのない学びができた

単位も順調に取得し、1年で卒業できる目途がついたところで、思いがけず修了論文の書き直しが必要になりました。新規事業の提案をテーマに進めていたのですが、私が考えた事業とほぼ同じものが、ある企業から発表されてしまったのです。ビジネスにおけるスピードの重要性を痛感した出来事でもありました。
納得のいく修了論文を仕上げるために修了を延ばすことにし、改めて、私が本当に興味のあることは何かを考えました。その結果、「人と仕事」だと気付き、会社で実際に行った組織人事マネジメントの手法をテーマにしました。自分が半ば感覚的に行っていることを誰かに伝えるには、背景や論理が必要です。教授との質疑応答を重ねることで理論が構築されていく経験と、完成した修了論文は、私にとって財産となりました。
大学院進学の一番の成果は、思考の精度と速度の向上になります。講義では常に新たな視点、考え方を求められ、脳内シナプスが増えていく手応えがありました。また、大学院で学んだことを会社のメンバーに伝えることで、人に伝える内容やスキルも向上したように思います。これからも、少しでも多くの人の仕事での成長や楽しさ・喜びのために貢献していきたいと思っています。

ページ上部へ