早稲田大学大学院アジア太平洋研究科(国際関係学専攻)

169-0051 東京都新宿区西早稲田1-21-1
早稲田大学西早稲田ビル7F
TEL 03-5286-3877

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

教授紹介

三友 仁志 教授

三友 仁志 教授
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科
研究科長

課題の解決に貢献できる国際スペシャリストを育成

アジア太平洋地域は世界経済をけん引するまでに成長し、この地域が果たす役割の重要性は近年ますます高まってきています。しかし、活力あるダイナミズムの一方で、環境問題、貧困問題、安全保障問題、教育格差、ジェンダー格差、デジタル・ディバイドなど、解決すべき課題も数多く抱えています。アジア太平洋地域の問題はもはや域内にとどまらず、地球規模で捉えなければなりません。本研究科では、広範かつ実践的なさまざまなアプローチを通じ、この地域における諸課題の解決に取り組み、世界の発展に貢献できる人材を育成しています。
カリキュラムは、国際関係、地域研究、国際協力・政策研究の3つの領域に分かれていますが、どのようなテーマであっても多角的な視点が求められることから、興味や関心に沿って、横断的に自由に学ぶことができるようになっています。教員も学問的なバックグラウンドだけでなく、研究者、実務家など経歴も実に多彩で、授業内容、研究テーマともに学生の幅広いニーズに応えられる体制を整えています。

将来の国際的な活躍に必須の、国際感覚を磨くことができる

本研究科の魅力の1つに、国際的な教育環境が挙げられます。世界50カ国・地域からの優秀な海外留学生が80%を占め、学内には自然と国際コミュニティーが形成されています。キャンパス内では常に国際交流が行われており、国内でありながら留学しているような環境ともいえます。将来、国際的な活躍を考えている方にとっては、国際感覚を磨く絶好の場となることでしょう。
国際プログラムも豊富で、セメスター交換留学制度を利用すれば、欧米も含めた多くの提携大学院へ留学することができます。カリキュラムはクォーター制を採用しており、前期・後期とも前半に授業を受講し、後半には海外留学や国内での研究に集中するなど、自身の希望に合わせて学ぶことができる仕組みになっています。長期の留学制度だけでなく、東アジアの5カ国の大学院と共同で教育・研究を行うEAUIプログラムにも参加しており、現地の大学院で講義を受け、研究発表を行う制度もあります。これらはいずれも単位として認定されます。さらに、グローバル化を意識し、ヨーロッパの大学との新たな連携も模索しています。
卒業後、各国の政府機関やJICAなどの国際機関、あるいは国内の大手民間企業に就職する修了者も多くいます。そうした仲間との国際的な人的ネットワークの構築も、本研究科ならではの魅力といえるかもしれません。

バックグラウンドはさまざま。必要なのは強い思い

ほぼすべての授業で英語と日本語の2パターンを用意していますので、日本語だけ、あるいは英語だけでも履修可能です。ですから英語力に不安を感じている方でも、受講に問題はありません。言葉は伝えるための道具であり、あくまでも大切なのは何を伝えるかです。本研究科で学べば、その伝えるべき専門的な知見だけでなく、国際コミュニティーを通じて、コミュニケーションツールとしての実践的な英語力も身につくことでしょう。
学生も、学部卒業生、社会人など実にさまざまで、持っている知識や経験、目指すべき目標もそれぞれ異なります。研究や論文作成に共通して必要なライティングスキルや分析ツールなどは基礎科目として学ぶことができます。入学時にぜひ持っていていただきたいのは、「これをやりたい」という強い思いです。
アジア太平洋地域が成長を続けるなか、世界的に見ると日本のプレゼンスは弱まってきているように感じます。世界、アジア太平洋地域、そして日本の将来のために活躍できる人材にぜひなっていただきたい。私たちはそのお手伝いができればと願っていますし、そのための努力を惜しみません。

ページ上部へ