ヒューマンアカデミービジネススクール(HABS)英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA(日本語)プログラム

〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目1-13 京王新宿追分ビル8F
TEL 0120-94-8928

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

土曜日のみの講義で、世界基準の海外MBAを、日本にいながらにして取得

日系企業の海外展開、海外企業の日本市場への参入、外国人労働者の積極採用など、ビジネスのグローバル化は進行しています。
HABSでは、日本にいながらにしてグローバルスタンダードな海外MBA取得に挑戦するプログラムを開講し、これまで以上に国内外で競争に勝ち抜く人材の育成を目指します。
海外留学にかかる時間的・経済的な負担がないうえに、授業はすべて土曜日に開講されるため、現在の仕事を続けながら履修ができます。また、社会人を対象とし、専攻の条件も実務経験重視。当校の出願資格に定めるいずれかの要件を満たしていれば、学士号を持っていなくても受講することができます。

高い教育品質を管理する、英国国立大学認証MBA

本プログラム修了後授与されるMBA(Master of Business Administration)の学位は、イギリス、ウェールズ大学より授与され、その学位は、英国王の勅許の下、イングランド、ウェールズおよび北アイルランドにおける高等教育学位に関する規定(FHEQ)、ウェールズにおける単位および学位に関する規定(CQFW)に基づいた、教育課程の履修による修士学位(Taught Master’s Degree)となります。
また本プログラムの学位は、英国高等教育質保証機構(QAA:Quality Assurance Agency for Higher Education) が定めた大学院レベルでのビジネスマネジメント教育の指針に基づいて構築され、ウェールズ大学により選任された学術顧問と外部審査員による定期審査を通じて品質の維持と管理が行われます。
単なる学位としての評価にとどまらず、そこで学んだ内容がビジネスの世界標準として生かされるスキルになる海外MBA。海外のビジネススクールでは、多くの国からの留学生を招き、世界標準として通用するカリキュラムが構成・管理されています。

授業はすべて日本語。キャリアを中断せずに最短2年でMBA課程を修了。

●母国語でより高い能力を養成
講義・ディスカッション・課題・修士論文等は日本語をベースとして行われるため、入学や履修に英語力の有無は問いません。母国語を使用することで、すべてのコースワークを通じて、より高い分析力・論理的思考力を養成します。すべてのプログラムを日本にいながら、日本語で修了できるため、英国に留学する必要はありません。

●授業はすべて土曜日に開講
毎週土曜日のスクーリングと平日の在宅ワークで構成されています。そのためキャリアを中断することなく、MBA課程を修了することができます。

●プログラムの構造
必修科目及び選択科目から構成される講義科目群と修士学位請求論文執筆から構成されています。必修科目は、全体のフレームワークを理解するため、選択科目は複数のカテゴリーから構成され、より専門性を高めることに主眼をおいています。選択科目は、マーケティング、財務、組織、国際経営、および戦略のカテゴリーから構成され、より専門性を高めることを主眼に置いています。プログラムは通常2年間で修了するように組まれていますが、長期出張等を考慮し、最長5年間の在籍が認められています。

世界で活躍する修了生との人脈づくりの場に

「本科コース」のほかにも、本科生の科目を1科目から受講できる「単科コース」、ビジネスエッセンスを効率良く学べる「公開講座」も設置されているので、「必要なスキルだけを取得したい」「ビジネスセンスに磨きをかけたい」といったニーズでの受講も可能です。キャリアを中断させずにMBAを取得できるシステムを整える一方で、経済的負担を伴わない休学制度等、社会人学生のための履修サポート制度も充実しています。また、クラスには、異なるバックボーンを持つ受講生が集まっているのも特徴といえます。
さらに、すでに多くの修了性が国内外の様々な場所で活躍しているのも、海外MBA取得プログラムにおいて10年以上の実績を誇る本校ならでは。今後は、修了生が主催するイベントなどに、本プログラムの在校生、修了生も加わり、幅広い人脈形成が期待できます。異業種間の経験や知識を交流する機会は、ビジネスチャンスの幅を広げる人脈づくりの場としても大いに生かされることでしょう。

ページ上部へ