明海大学大学院 歯学研究科

350-0283 埼玉県坂戸市けやき台1-1
歯学部入試事務室
TEL 049-279-2852

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

概要

歯科医療の知識や技術は、日進月歩で専門化が進んでいる。ゆえに21世紀の歯科医師像は、患者の多様な要求に応えるスペシャリストであると同時に、より高いレベルで包括的な医療計画を立て、実践できるジェネラリストが待望されている。こうした時代のニーズに対応するため、本研究科では、2つのコースを設置。コースに即した科目を履修することでスペシャリティを磨き、かつジェネラルな視点を修得できるカリキュラムを組んでいる。なお一般開業医や病院勤務歯科医、歯学分野の研究者および保健医療従事者などの社会人に対し、特定の時間又は時期における授業による単位取得を弾力的に活用して研究を継続させ、博士論文を執筆するカリキュラムもある。高度で優れた臨床の知識と技術を兼ね備えたスーパードクターを目指す「高度口腔臨床科学コース」と、教育者、研究者や優れた研究能力を有する歯科医師等を目指す「口腔生命科学コース」を開設している。

制度・支援

■ティーチング・アシスタント(TA)制度
TAとは、学部における実習・実験・演習等で正規教員の補佐として指導に携わる人材。TAを経験することで、教員・研究者としてのスキルアップはもちろん、過去に修得した知見・技能を再確認できるなど、そのメリットは計り知れない。大学院3~4年生の中から選抜される。
■リサーチ・アシスタント(RA)制度
明海大学における研究の円滑な実施ならびに研究者としての育成、および経済的支援を図り本学が行う研究プロジェクトの研究補助者として従事する。大学院1~2年生の中から選抜される。
■明海大学歯学部生涯研修部(CE)との連携制度
全国で唯一の大学運営による生涯研修プログラム――明海大学歯学部生涯研修部(CE:Continuing Dental Education)と連携。CEの各種研修受講料がコースプログラムによっては授業料に含まれており、臨床歯科医学向上を支援している。
高度口腔臨床科学コース:国内研修(ベーシックコース、ステップアップ)、アドバンスコース
■総合セミナー
歯科医療に関する最新理論から、グローバルなカレントトピックスまで、多彩なメニューを用意した必修講座。国内外から気鋭の講師を招き、開講される。
■国際学会への参加支援
海外で開催される国際学会で、研究発表の機会を提供すると同時に、旅費の一部を補助する制度。
■宮田研究奨励金
優れた歯科研究を支援するために、本研究科2~4年生を対象に、研究経費の一部を補助する制度。
■長期履修学生制度
本制度は、職業を有している等の事情により、標準修業年限内(4年)での履修が困難な方を対象とし、標準修業年限を超えて5年~8年にわたり、計画的に教育課程を履修し、課程を修了することができるものである。

特色

・専門性を磨くための2コースを設置
・研究系の垣根を取り払った履修・研究システム
・優れた研究を支援するマネーサポート体制

2つの専門コース

■高度口腔臨床科学コース(臨床歯科医学)(「職業実践力育成プログラム(BP)」認定)
主に「再生再建、機能発達、健康増進」に関連した専門科目を学び、徹底した臨床教育、研究指導を通じて、優れた臨床歯科医を育成する高度な臨床知識・技能および先端臨床研究の修得を図る。
<再生再建医療系>
歯周病学/補綴学/口腔外科学/歯科放射線学/歯科麻酔学/口腔診断学/歯科保存学/高齢者歯科学/摂食嚥下リハビリテーション学
<機能発達医療系>
小児歯科学/歯科矯正学
<健康増進医療系>
口腔衛生学/内科学/障がい者歯科学

研究指導体制

【博士課程/4年制 (入学定員18名)】
■1年次
・指導教授の決定(4月)
・研究テーマ(主科目、副科目、CE科目等)の決定
・研究に必要な理論・分析方法論等(文献サーベイを中心に学習指導)
・研究テーマ選定に関する指導
・研究フレームワーク作成指導
・CE科目の履修
■2年次
・研究テーマ、フレームワークに応じた研究指導
・研究の進展と成果のチェック
・CE科目の履習
・論文執筆計画(主論文:1編、副論文1編)の策定と執筆指導
・研究の進展と成果のチェック
・副論文執筆の進展・成果チェック
■3年次
・副論文提出、指導
・中間研究発表会(6~11月)にて発表
・CE科目の履習
・海外での学会発表が可能
・主論文執筆に関する指導、助言
・主論文執筆の進展、成果チェック
■4年次
・主論文第1稿完成
・研究発表会(6~11月)にて発表
・CE科目の履習
・主論文修正・改訂作業に関する指導、助言
・主論文予備審査(9~12月)
・最終的、包括的な指導、助言を経て主論文審査最終試験等の実施(10~2月)
・課程修了の認定(2月)
・博士号授与(3月)

ページ上部へ