明海大学大学院 不動産学研究科

279-8550 千葉県浦安市明海1丁目
企画広報課
TEL 047-355-1101 FAX 047-355-0999

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

概要

不動産学とは、快適で効率的な都市環境を創造するための学問であり、その研究対象は、私たちの生活・社会経済環境すべてを含むといってよいほど幅広い。不動産学が対象とする都市は、土地や建物、公共建造物、緑などあらゆるものの集合体であり、その実態を調査・分析して、私たちの暮らしや経済活動の中で、土地や建物をいかに有効利用すべきかを理論的・実践的に探究するのが不動産学である。
不動産学の研究および教育は、アメリカのMIT、コーネル大学、英国のケンブリッジ大学、レディング大学など、欧米諸国の大学・大学院を中心に進められ、台湾・韓国などのアジア諸国においても不動産学に関する高等教育が行われてきた。世界的な傾向として、学部よりも大学院レベルでの研究が盛んな理由は、不動産学が経済学・工学・法学など、従来の学問分野を横断するかたちで成立する総合学問だからである。しかし、わが国では科学の対象として総合的に取り上げ、適切に扱う研究・教育機関は未整備であった。包括的見地からの不動産教育を行ったのは本学不動産学部が初めてであり、従来の個別学問分野で行われてきた研究成果を学際的視点から再構築した点に特色がある。1992年の学部創設以来、大学院博士前期課程開設(1998年)、博士後期課程開設(2000年)と、総合学問としての「不動産学」の地歩を着実に固めている。
2018年度からは博士前期課程において、基礎・概論と3つの専門分野に再編する。これは、現実社会に即した問題解決型の高度な専門家の養成をめざすもので、研究と実務、市場と公共、制度の設計と運用を組み合わせて構成している。
本研究科の指導教員は、出身学部・経歴ともにバラエティに富んでおり、わが国の都市行政に深く関わる研究者から、不動産鑑定士、そして産業界・官界で活躍したスペシャリストまで多数在籍している。

特色

・経済・工学・法学3系統の学問成果を融合
・各界の実務経験豊富な教員を数多く招聘
・スペシャリティを磨く3つの専門分野

基礎と3つの専門分野

■不動産学基礎・概論
不動産学の基礎的な知識と研究手法を修得する。

■不動産アナリシス
不動産市場の把握や不動産投資の実態など、不動産を取り扱う際の情報の特性と、その利用方法について研究する。種々の意思決定に必要な不動産情報の利用・評価手法、市場を取り巻く環境の特性を理解するとともに、実態把握や現状分析の方法を修得する。

■不動産ポリシー
社会的存在としての不動産のあり方と、不動産への公的関与のあり方を研究する。不動産事業の経済的意味・計画・制度的な位置づけを考察し、不動産関連政策を歴史的・国際的視野のもとに理解しながら、新たな政策提案を行うことのできる課題解決型人材の育成へと繋げていく。

■不動産ビジネス
不動産の経営や管理で考慮すべき要因とその組み立て方および、関与する不動産職能のあり方を研究する。不動産の経営に必要な金融・組織・制度等の機能や投資のあり方を考察、また、不動産管理のための経営的・物的・人的・制度的側面を理解し、実践的なビジネス論へと研究を進展させていく。

目標進路

●不動産及びその関連分野の研究者および教員
●国家公務員・地方公務員
●建設会社・不動産関連企業
●金融機関等
●コンサルタント業
●不動産鑑定士
●土地家屋調査士
●シンクタンク

ページ上部へ