明海大学大学院 経済学研究科

279-8550 千葉県浦安市明海1丁目
企画広報課
TEL 047-355-1101 FAX 047-355-0999

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

概要

今日、世界は国民経済の枠組みを超えて、地球的規模で解決すべき多くの問題を抱えている。その根源は、20世紀から21世紀にかけ社会全体が大きく変容し、社会の基盤をなす経済構造も変化してきたことに起因する。本研究科では、経済の現状は以下の4つのキーワード群に集約できると考えた。

■減速する経済のグローバル化
現代経済は規制緩和・自由化を推進しながらグローバル化への一途を辿っている。一方で、脱グローバル化のうねりも高まっている。こうした混沌とした世界情勢下では、大企業、地域企業を問わず、海外経済事情の情報収集、経営戦略、技術開発、会計監査、マーケティング等、最新かつ全方位的なソリューションが必要となっている。
■熾烈化する国際競争
世界の工場である中国のWTO加盟や海外投資の活発化、資金調達の国際化など、いまや国境を超えた企業間、国家間競争がいっそう激しさを増している。このような中、新たな国際ルールや国際基準・標準の策定が不可避となり、それを遵守させる国際機関等の役割もこれまでになく大きくなっている。
■公と私の役割分担
従来、政府が供給すると考えられていた公共財。これも民間が供給できるのではないかという新しい視点が生まれ、PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)の登場を促した。本格的に民間部門の役割の重さが増大していくにつれ、受益と租税負担の議論にも変化が現れてきている。
■開発と環境・福祉の調和
経済のグローバル化は、アジア諸国や新興国の急速な経済成長と中国経済の市場経済化によって、いっそう拍車をかけられている。そこに資源開発・管理、人口政策、貧富・経済格差、環境等の問題が連鎖反応的に生じてきている。これらの問題は、地球環境の有限性からくる可能性の限界や地球汚染等の制約を受け、財政的な予算措置等をも必要とすることから、きめ細かな配慮と国民的な合意を得る粘り強い努力が求められる。

特色

・経済学研究の今日的ニーズに応える3つの科目群
・先端研究に触れることができる学術科目群
・学際的な実務研究を究める実務科目群

基礎と独創的な科目群(修士課程)

■基礎
ミクロ・マクロの経済理論、実証分析、ビジネス、税法通則から構成。学術及び実務科目群研究に際しての理論的基盤を担う。広範な学問的視野で物事の本質を捉え、実証分析やビジネスの原理・原則、税法通則についての基礎的かつ高度な思考力を養う。

■学術および実務科目群
グローバル経済が進展し、国民経済の枠組みを超えて解決を迫られる課題も山積。一方、保護貿易主義の台頭に見られるような脱グローバル化の動きも高まる世界経済。今後ますます複雑化する経済の諸問題を、既存の経済学の枠組みを超えて考察・分析する「学術科目群」。及び、経済学をはじめとする関連学術分野の知識を学際的かつ実務に応用するための「実務科目群」。特に以下の領域において政策提案できる人材、高度な問題解決能力を有する職業専門家・会計人の育成を目指す。
①国際経済、財政、金融、政策運営、公私のあり方等、経済学を直接、利用・活用し得る領域。
②経済発展、環境、資源開発、福祉、人口問題等、既存の経済学が有効な解決法を十分に提供し得ていない領域。
③企業経営や家計の生活設計等、現実の経済問題に実践的に関わる領域。
④税務、会計等、企業において実務上の専門知識を要する領域。

■演習(必修)
上記の科目群に加え、研究手法、倫理、社会的責任といった専門家としてのあり方を身につけるための演習科目を設置。すべての学生に履修を義務づける。

目標進路

●経済学・社会学系の研究者および教員
●商社
●国家公務員・地方公務員
●メーカー
●国際機関スタッフ
●シンクタンク
●税理士・公認会計士
●海外開発機関等

研究指導過程

【修士課程/2年制 (入学定員15名)】
■1年次
・研究指導教員の決定
・研究に必要な理論、分析方法論等(文献サーベイを中心に学習指導)
・研究テーマ選定に関する指導
・研究テーマの決定
・研究指導
■2年次
・研究テーマと論文作成に応じた研究指導
・論文題目の決定
・研究の進展と成果のチェック
・中間発表(予備審査)のための指導、助言
・論文提出、審査、最終試験、修士学位授与

・税理士試験について
特定の講義と特別演習(ゼミナール)を履修することで、税理士試験の受験科目(5科目)の一部が免除となる。

ページ上部へ