名古屋学院大学大学院 外国語学研究科 英語学専攻(通信)

460-0002 名古屋市中区丸の内1-17-19 キリックス丸の内ビル7階
丸の内サテライト 大学院事務室
TEL 052-678-4076

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

時間や場所を選ばない通信教育で、英語学のエキスパートを養成

本通信制大学院は、英語学専攻(博士前期課程・博士後期課程)を設置し、遠隔地や社会人の方を中心に、地理的・時間的制約をこえて、広く学んでいただける場となっています。博士前期課程では、「中学校・高等学校教諭専修免許状(英語)」の取得が可能。また、制度の面でも、2年分の学費で最長4年間での履修が可能な「長期履修制度」、「シニア学生授業料減免制度」などを設け、より学びやすい環境を整えています。なお、博士前期課程は教育訓練給付制度を利用できる教育機関として指定を受けています。

●スクーリング(面接指導)
必修科目や演習科目については、通信指導に加えてスクーリングを博士前期課程では1年次に3回(4月・8月・12月)、2年次に1~2回行っています。

●S.C.(Student Coordinator)
院生の学習意欲に寄り添い、力になるのがS.C.です。図書文献資料の入手、学習の進め方、事務手続等のサポートを行い、教員への連絡・相談の橋渡しとなります。

●インターネットによる遠隔指導
入学時にIDを発行し、インターネットを使った遠隔指導を行っています。大学独自のネットワークシステムを使用し、学習に必要な情報を公開しています。

●専修免許状(英語)の取得
授業科目のほとんどが中学校教諭専修免許状(英語)および高等学校教諭専修免許状(英語)の取得に必要な科目として認定されています。

専攻の概要

■英語学専攻
【博士前期課程】
国際言語である英語について、高度な運用能力の養成とともに、その関連領域に関する専門知識を総合的に備えた人材を養成します。特に社会人を対象に高度な専門教育を提供します。
カリキュラムは、言語の構造を学ぶ「英語学」、風土や文化を学ぶ「英米文学」、教授法を学ぶ「英語教育学」の3つの研究領域を中心に構成。通信およびスクーリングによる指導を通じて学び、学位論文の作成を行います。

【博士後期課程】
英語学および関連領域について、高度な学識と能力を備えた職業人、研究者などの育成を目指します。博士後期課程では「後期研究指導」を履修して研究を深めていくと同時に、学内・学会紀要への論文投稿、国内外での学会発表を積極的に行います。
通信教育課程で英語学の博士学位が取得可能な大学院は、全国でも本学のみです。

ページ上部へ