青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科

150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
学務部専門職大学院教務課
TEL 03-3409-8025

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

社会人向けに、平日夜・土曜の通学で修了可能なコースを充実

多彩な分野で幅広く活躍できる会計のプロを育成するため、多様な科目を開講。会計専門職に必要な簿記、財務会計、管理会計、監査のほか、関連科目として企業法、租税法などを用意している。標準2年コース以外にも1年、1年半、3年で修了できるコース(応募要件等の詳細は「募集概要」またはWebサイト参照)、2018年度からは会計監査プログラムと税務マネジメントプログラムの2プログラム制を導入。また、受験生を支援するため、公認会計士試験対策講座等の特別演習講座やUSCPA支援講座を開設し、修了後も引き続き受講できるようにしている。さらに、標準2年コース(3年コース)入学予定者に対しては、入学前の時期から、会計学の基礎力を固めるための入門講座も開講している。

研究科の教育の特徴

 青山学院の伝統教育の理念を明らかにしたうえで、「会計専門職の養成」に向けた学院の教育理念に直結する「倫理教育の徹底」と「国際人の養成」を2本の柱とした「健全な会計マインドを備えたプロフェッション」の養成を目的とし、以下のような特色ある教育を実践します。
1.国際会計士連盟(IFAC)の職業会計士教育国際基準に合致する教育プログラム
2.公認会計士試験制度(短答式一部免除)に合致したカリキュラム内容と教育の質を保持
3.求められる職業倫理を修得し、企業倫理・コーポレートガバナンスの考え方を教育
4.国際的感覚を備えた専門職業人を教育するために英語及び国際会計の教育
5少人数制の演習、論文作成指導及びディベート、コミュニケーションの資質を向上させる教育
6.理論と実務の融合を可能にする実務家教員を多数配置
7.OB・OGで組織する青学会計人クラブメンバーを中心とする監査法人、公認会計士事務所及び税理士事務所でのエクスターンシップ授業を配置

論理的思考力を養う多彩なカリキュラム

 当研究科は、専門分野に関し高度の教育上の指導能力を有する研究者教員および実務家教員(公認会計士、税理士等)からなる専任教員14名を配置し、理論と実務をリンクさせた教育内容を実現しています。会計、税務を中心に広範囲かつ多彩な科目を配置し、公認会計士・税理士の資格試験合格を目指す方、経理・財務部門でキャリアアップを狙う社会人、学び直しを求める有資格者など、それぞれの目的やニーズに配慮したカリキュラムを用意しています。加えて、国際マネジメント研究科、法学研究科ビジネス法務専攻および法務研究科の講義のうち指定科目を履修でき、一定数まで修了単位の中に含めることもできます。
 特に、当研究科がモットーとする「考える会計学」の理念に沿った科目を展開しているのが特長です。その取り組みの一例が、少人数で議論を深める「演習」(ゼミ)と、監査法人や税理士事務所へ赴いて2週間にわたり実務に携わり、授業で得られた知識が実務でどのように活かされるのかを学ぶ「エクスターンシップ」です。こうした科目を通じて、インプットされた知識を基に論理的思考力と実践力を鍛えていきます。
 なお、入学を検討している方は、1科目から単位を修得できる科目等履修生制度を通じて、実際の授業を体験することも可能です。

各種資格試験へのサポート体制を充実

 各種資格試験を目指す学生を支援するため、オプション講座として「特別演習講座」を実施しています。今年度は、各種試験時期に合わせて、公認会計士試験対策講座、税理士試験対策講座、アビタス社との提携によるUSCPA支援講座を開講しています。また、当研究科の入学手続きを終えた方に対しては、入学前に、会計学の前提知識の習得・確認を目的とした「会計学入門講座」を実施しています。
 特別演習講座や各種資格試験の勉強の中で生じた疑問や質問は、当研究科の専任のスタッフが相談に乗りますので、安心してマイペースで勉強を進めることができます。

抜群の立地、専用棟での落ち着いた学習環境を実現

 青山キャンパスは、表参道駅から徒歩5分、渋谷駅から徒歩10分の場所にあり、仕事帰りの通学もスムーズです。
 当研究科は、青山キャンパス内の16号館を専用棟としています。棟内には、授業教室、キャレルデスクのある専用学習室、個人ロッカーや図書室が配置されているので、落ち着いて学習に取り組むことができます。同じ棟には教員研究室もあり、オフィスアワーに授業の質問や相談をしに気軽に訪問することも可能です。また、キャンパス内には複数の学生食堂があり、昼食や早めの夕食などもリーズナブルに済ませることができます。

ページ上部へ