京都情報大学院大学

京都本校 〒606-8225 京都市左京区田中門前町7番地(アドミッションセンター)
フリーコール:0120-911-122(入学相談専用)
TEL:075-681-6332
京都駅前サテライト 〒601-8407 京都市南区西九条寺ノ前町10-5
札幌サテライト 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西5丁目11 大五ビル7階 (株)デジック内
東京サテライト 〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目1-35 VORT元麻布4階 (株)ヒトメディア内

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

高度な実践能力と創造性を持った応用情報技術専門家を育成

日本最初のIT専門職大学院として2004年に開学。ITと経営・ビジネスの知識を兼ね備えた高度専門職業人、とりわけCIO(最高情報統括責任者)などIT応用分野のトップリーダーを育成します。本学では、文系・理系の幅広い分野から学生を受け入れています。社会人経験者も多く、多様なバックグラウンドを持つ学生が互いの知識を生かすことでより多くのことを学べます。本学は、これまで日本の大学院が十分に提供できなかったキャリアチェンジの機会を創出しています。

札幌、東京にサテライトを開設

本学は、北海道・札幌に「札幌サテライト」を、東京・六本木に「東京サテライト」を開設し、IT応用分野のトップリーダー育成に向けた教育を展開しています。両サテライトとも、社会人の方を含め、文系・理系出身を問わず幅広い分野から学生を募集しています。
札幌サテライトは、札幌市中央区大通西5丁目11番地、株式会社 デジック内(地下鉄「大通駅」より徒歩1分)にあります。デジックの中村真規・代表取締役社長は、一般社団法人 北海道情報システム産業協会(HISA)会長を務めています。中村氏は本学教授として、実務系の講義を担当しています。東京サテライトは東京都港区元麻布3丁目1-35、株式会社ヒトメディア内(東京メトロ日比谷線 六本木駅より徒歩8分)で、ヒトメディア代表取締役社長である森田正康・本学教授は2004年より、「ITビジネス交渉学」「アントレプレナーシップとビジネスモデル」の二つの講義を担当しています。サテライトでは、現地での対面講義のほか、本学独自の最新のeラーニングシステムを用い、サテライトと京都本校を結んだリアルタイムな講義を実施します。録画した講義のコンテンツはサーバに保存され、学生はインターネットを介して、いつでもどこでも学習できます。また、平日の夜と土曜日に開講する科目も多く、社会人の方は働きながら学ぶことが可能です。

キャリア・ニーズに応じた5コース

■ビジネスITコース ~ITを駆使できる経営のプロフェッショナルを育成
このコースで修得する主なスキル:
・現代のビジネスに不可欠なERP、SCM、CRM、データウェアハウス等のシステムを活用する実践力、業務プロセス改革への応用力
・これらを有機的に結合させてビジネスを成功へと導くためのIT戦略立案に必須となるIT・コンピュータ技術
・プロジェクトマネジメントのスキルやリーダーシップなど、企業経営に必須となる実践力

■システム開発コース ~eビジネスを実現するシステムを設計・開発できる高度なエンジニアを育成
このコースで修得する主なスキル:
・実用的なシステムを設計・実装するための上流から下流のプロセスにわたる開発スキル
・システムを開発する上で必須となるネットワーク、セキュリティなど先端のIT関連技術
・開発対象領域となるeコマースやeラーニングなどのアプリケーション固有のソリューションを実装するための専門知識
・実践的なプロジェクトマネジメント、コミュニケーションおよびドキュメント作成などのスキル

■コンテンツビジネスコース ~知的財産権に精通し、戦略的なコンテンツビジネスの展開ができる人材を育成
このコースで修得する主なスキル:
・アニメ企画・製作・プロモーション関連の知識と、インストラクショナル・アニメーション開発技術
・シナリオ・ストーリーボーディング能力、リッチメディアコンテンツ開発スキル
・コンテンツビジネスを成立させるためのマネージメント能力
・eラーニングをはじめとする教育・学習コンテンツの企画・開発・運用スキル
・エンターテイメントとしての舞台芸術を支えるITスキル

■次世代産業コース ~さまざまな業界の情報化をリードする人材を育成
このコースの主な内容・目標:
・金融、医療、農業、海洋、観光などの分野の情報化をテーマとします。
・先端的な応用事例と、その要素技術を深く知り、それぞれの現場におけるIT活用を探ります。
・企業等と連携し、研究を進めていきます。

■メディアコラボレーションコース~多様なメディア協調によってコミュニケーションを演出できる人材を育成
このコースの主な内容・目標:
・文字、映像、音声など異なるメディアとテクノロジーの最適な組み合わせを探ります。
・TV会議やヘルプデスクといったコミュニケーションを支援するシステムの実装、運用について学びます。
・インターネットを介したeラーニングなど教育関連システムの企画・開発を手掛けます。

※平日夜間と土曜日の受講とeラーニングを中心に修了できる「イブニング履修」が可能です。

SAP認定コンサルタント対策講義

本学では、ERPパッケージとして世界的に最も導入事例が多いドイツSAP社のSAP ERPの教育ツールを導入して、実践的な教育を実施しています。あわせて、SAP社が行っている認定試験である「SAP認定コンサルタント」試験対策の講義を実施しています。この認定資格を取得することは、ERP関連のコンサルタントや企業におけるIT部門のスタッフとしての活躍を目指す人にとって、大きな力となります。

ページ上部へ