南山大学大学院 国際地域文化研究科

466-8673 名古屋市昭和区山里町18 
入試課
TEL 052-832-4345

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

学際的かつ多元的な研究の展開

今日の国際状況において、人間の行動様式の総体を規定する条件としての文化が、政治や経済と共に、国際社会や諸地域における重要な要素となっていることに注目し、「文化と社会の多元性の認識に基づき、民族集団や人種間の協調を図り、国民国家を超えた文化的・社会的共生を実現すること」を目指します。
そのため研究領域はアメリカ、スペイン・ラテンアメリカ、アジア・日本という3地域にとどまらず、国際交流団体やNGO・NPOでの実践的研修も組み込まれ、幅広い学識の滋養をベースに基礎・専門・演習の各カリキュラムで編成されています。

国際状況を読み解く高度な分析力の獲得を目指す

<アメリカ研究領域>
アメリカ合衆国が多様な民族・人種、文化、宗教を抱えながら、多人種平等社会モデルを提示し、絶えず新たな社会モデルを模索・実験してきた国であることに特に注目し、文化、思想と宗教、歴史と社会、政治と経済、および国際関係を軸にアメリカへの理解を深めるカリキュラムを提供します。
<スペイン・ラテンアメリカ研究領域>
ラテンアメリカ地域を軸として文化、社会、政治、経済、国際関係等の分野から当該地域への理解を深めるカリキュラムを提供し、同時に、ラテンアメリカ地域に圧倒的な影響を与えてきたスペインを文化、思想、文学の分野から考察します。
<アジア・日本研究領域>
「アジアの中の日本」という位置づけのもとに、日本・中国・インドネシアなどの国々の文化・文学・社会・政治の固有性と多様性を、西洋文明との衝突、社会構造の変容などの歴史的経緯をもふまえて考察します。

期待される幅広い進路選択

官公庁の国際交流事業部門やNGO・NPOとの連携・協力のもと、例えば国際協力機構(JICA)との連携で、各プロジェクト単位の研修や企画事業に参加し、実践的な課題研究に取り組むことができるのも本研究科の特徴です。
また、高度専門職業人として官庁・地方自治体の国際交流部門、多国籍企業の海外事業担当、中等教育、高等教育機関の教員など多様な進路選択の道が用意されています。
本研究科で培われた、「文化と社会の多元性の認識」や「国民国家を超えた文化的・社会的共生」といった視点を持った人材の活躍が大いに期待されています。

ページ上部へ