南山大学大学院 社会科学研究科(経済学専攻・経営学専攻・総合政策学専攻)

466-8673 名古屋市昭和区山里町18 
入試課
TEL 052-832-4345

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

グローバルな社会の急激な変化に柔軟に対処できる人材の育成

本研究科では、経済学、経営学、政治学、法律学等の社会科学を基礎としながら、各専攻の専門性により社会の問題を分析し、グローバルな社会の変化に対して柔軟に対処できる人材を養成します。中部地区のみならず、日本の世界最高水準の企業や国内外の行政機関にこれら優秀な人材を供給し、日本の社会や産業の発展に貢献するとともに、我が国の競争力の強化という社会的な要請に応えます。

経済学専攻

【幅広い要望に応えるための多様なコース】
社会人向けには、実務経験が2年以上あり、高い専門知識の修得を望む人やリカレント教育の希望を持つ社会人向けの通常の課程専修コース以外にも、継続して3年以上の実務経験があり、既に特定の業務に関しての専門知識を持ち、より高度な学識を得ることを希望する社会人を対象に1年間で課程修了が可能な社会人1年コース、さらに仕事の事情で集中的な勉学が困難な社会人、中高齢者や主婦の人たち向けに3~6年間在籍できる長期在学コースなどの入試制度が準備されています。
博士後期課程では、将来大学や研究機関での研究活動に携わることを目的とする人材に対して、一般入学試験・社会人入学審査があります。

【期待される進路】
●会計士、税理士、コンサルタント等、企業の経営指導や監査役等の職業
●一般企業の国際・海外部門、NGO、NPO等
●専門知識と分析力を生かせる大学や総合研究所などの研究者

経営学専攻

【複数指導教員によるサポート体制】
本専攻では、グローバル化・情報化にともなって複雑になってきた企業活動において、経営に関する高い見識と高度な専門知識・技術を持つ人材の育成、とりわけ、経営学に関する専門領域において学究的探求能力を身につけた、国際社会・地域社会の発展に寄与する経営学の研究者を育成することを主たる目的とします。

【留学生や社会人に対しても魅力的なプログラムを展開】
博士後期課程では、会計、財務、組織、人事、マーケティング、経営戦略および国際ビジネスについて、海外のビジネススクールプログラムをモデルにした研究を行います。また、社会人入学審査を実施し、実務経験を有し経営学をさらに理論的に学ぼうとする社会人にも門戸を開いています。

【期待される進路】
●会計士、税理士、コンサルタント等企業実務の監査や再建計画等を提案するような職業
●一般企業の国際・海外部門、NGO、NPO等
●専門知識と分析力を生かせる大学や総合研究所などの研究者

総合政策学専攻

【民間・行政の両部門に求められるグローバルな視野を育む】
本専攻では、国際問題、国内問題および両者に共通する環境問題を踏まえ、持続可能な社会の構築に向けて、社会科学の複合的な基礎学問を基に、これらの問題を解決する実践的な政策立案とその実行を果たす高度な専門職業人と、学際的研究能力を有した問題解決志向型の研究者を養成することを目的としています。

【魅力的なカリキュラム編成と社会人教育を重視】
(1)社会科学の諸分野を総合的に理解するために、社会科学の基礎を学ぶ科目を設置。
(2)実際に現場で生じているリアルタイムな問題を理解するための「総合政策の課題と方法」を設置。
(3)国際政策、公共政策、環境政策の各領域ごとに、多くの専門科目を設置。
(4)社会人学生の利便性に配慮し、土曜日や平日夜間にも授業を開講。

【期待される進路】
●国際機関、一般企業の国際・海外部門、NGO、NPO等で活躍する人材、中央政府等で国際政策を担う人材
●地域の社会経済状況を的確に捉え、地方公共団体、社会的企業、一般企業、シンクタンク・コンサルティング企業、NPO等において調査分析、政策立案が実践できる人材

ページ上部へ