南山大学大学院 法務研究科(法科大学院)

466-8673 名古屋市昭和区山里町18 
学務部 入試課
TEL 052-832-4345

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

人間の尊厳を基にした倫理観を修得し社会に貢献できる法曹を養成

カトリック系ミッションスクールである本学の建学理念は、キリスト教世界観に基づく学校教育です。本研究科では「人間の尊厳」を基本とした法曹に必要な基礎的知識を獲得し、人権感覚を持つ社会に貢献できる法曹の養成を目指しています。そのため、変転する社会情勢の動向に鋭敏で強い関心を持ち、現代社会における人権や自由のあり方を真剣に考える志願者を望んでいます。入学者選抜にあたっては、このような観点に立って選抜の公平性を確保し広く門戸を広げ、多様な経歴と実績を有する人材を求めています。

法務エクスターンシップを取り入れ、実務に通じた研修が可能

基礎的な実力を土台に、実務家による科目で法曹としての資質や能力を育成し、実務的な感覚を学ぶことができるカリキュラムを用意。また《社会・人権領域》を設け、社会に弱い立場にある人々への配慮を忘れず、生活者・勤労者の視点を重視して学ぶ科目も配置されています。講議は双方向の授業形態であるソクラティックメソッドを基本とし、他にもケースメソッド、模擬裁判等のシミュレ-ション、実務の現場で学ぶ法務エクスターンシップなどがあります。さらにシラバスシステムを利用した授業運営で、授業目標・内容を把握でき、指示に従っての予習やレポートの提出、学生同士の相談など、自主的で多方向の学習が可能であり、効率良く学ぶことができます。

最適な学習環境の中で未来の法曹を育成

本研究科では、模擬法廷、各学生専用のキャレルのある学生研究室、図書室等を備えた地上7階の法科大学院専用校舎を使用しています。法務研究科生は8:00~23:00の間、土日祝日も各施設を自由に利用できます。また指導教員による個別指導や、現役法曹がアドバイザーとして学生の質問に対応したり、ゼミを実施するなど、サポート体制も充実。学習に最適な環境を整備し、法曹の育成にあたっています。

ページ上部へ