北海道医療大学大学院 リハビリテーション科学研究科

061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757
入試広報課 
TEL 0120-068-222(フリーダイヤル)
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~rehabili/

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

本研究科の特色

■高度専門職業人および指導的役割を担う人材を育成
リハビリテーション専門職として、実際の保健・医療・福祉現場で求められる「課題解決能力」や「マネジメント能力」に加え、臨床研究を遂行するうえで必要となる「臨床データを蓄積する能力」「病態を解析する能力」「結果を公表する能力(プレゼンテーション能力・論文作成能力)」などを磨き、高度化、多様化が進む現代の保健・医療・福祉の現場において、先進的な専門知識と技術をもって質の高いリハビリテーションサービスを提供できる高度専門職業人を養成します。また、リハビリテーション領域に関わる最先端の研究を通して創造力・企画力・応用力を涵養し、保健・医療・福祉の現場や高等教育機関において指導的役割を担う人材を養成します。

■「教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」の指定を受けた大学院
本専攻は「教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座(一般教育訓練給付)」の指定を受けています。この制度は、修了後本人がハローワークへ申請することで、雇用保険の被保険者期間(3年以上)により、(上限額10万円)の教育訓練給付金が支給されるものです。
※リハビリテーション科学研究科博士前期(修士)課程2017(平成29)年度4月入学者より対象。
※リハビリテーション科学研究科博士後期課程2017(平成29)年度4月入学者より対象。

社会人の受け入れ体制

本研究科では、保健・医療・福祉の第一線で活躍している人材の再教育の場として、社会人を対象とした特別選抜を実施しています。リハビリテーション科学研究科の主な社会人入学対象者は、関連の専門分野で3年以上の実務経験を有し、大学や、専門学校の専門課程(修業年限が4年以上、その他文部科学大臣が基準を満たすものに限る)を卒業した方などです。また、職業を有している社会人などが標準修業年限を超えた一定期間にわたって、正規の学生として計画的に教育課程を履修して修了できる長期履修制度も導入しています。

ページ上部へ