武蔵野大学大学院 法学研究科

135-8181 東京都江東区有明三丁目3番3号
武蔵野大学 入試センター
TEL 03-5530-7300

  • ホームページを見る

研究科紹介

基本情報

●ビジネス法務専攻[修士課程]
学位:修士(法学)
修業年限:2年
キャンパス:有明キャンパス
※社会人1年制短期コースあり
現在企業に勤務している社会人のリカレント教育にも対応します。企業のフレックスタイムへの対応を考慮して、平日午前もしくは夕方・夜間を中心に授業を開講します。
※長期履修制度あり

概要

◆時代にマッチしたビジネス法務専門家を養成
法学研究科では民事取引法分野についての十分な学識を基礎に、金融法務、企業法務の課題を理論と実務の双方からアプローチでき、新たなルールや取引スキームを開発できる能力を持ったビジネス法務専門家を養成します。
また、旧来の判例学説や実務慣行などに習熟させるのではなく、現代社会の新たな課題に対応でき、所属する集団での最適なルールづくりを行い、将来のわが国のビジネス法務(金融法務、企業法務)を牽引できるような能力を持つ人材を育成します。本研究科の「社会人1年制短期コース」では、現在企業に勤務している社会人のリカレント教育にも対応。フレックスタイム制を導入する企業が増えてきたことを考慮して、平日の午前、もしくは夕方・夜間を中心に授業を開講しています。

カリキュラム

■最前線分野の科目を揃え、実務家教員が指導
ビジネス民法、国際法特講、英米契約法、金融法特講を中心としたカリキュラムで、FinTech(金融と技術)の各分野における法的論点や規制の在り方を議論します。「金融法務系」「企業法務系」「倒産法務系」の3系統の研究対象分野を中心に、中小企業金融法務としてのABL(Asset Based Lending:資産担保融資)や電子記録債権取引を含むFinTechなどの最前線分野の科目を、各分野の第一人者である実務家が教員として講義を行います。

修了後の進路
企業や金融機関の法務部員や契約業務担当者/コンサルティング会社の研究員/不動産や動産のアプレイザーなど。
また、司法書士、不動産鑑定士など、学部段階で合格するのが難しい国家資格について在学中の合格を目指すという、士業進路への活用も歓迎しています。

ページ上部へ