武蔵野大学大学院 環境学研究科

135-8181 東京都江東区有明三丁目3番3号
武蔵野大学 入試センター
TEL 03-5530-7300

  • ホームページを見る

研究科紹介

基本情報

●環境マネジメント専攻[修士課程]
学位:修士(環境学)
修業年限:2年
キャンパス:有明キャンパス
※社会人1年制短期コースあり
※長期履修制度あり

●環境システム専攻[博士後期課程]
学位:博士(環境学)
修業年限:3年
キャンパス:有明キャンパス

概要

■持続可能な社会の実現に貢献できる人材を養成

人類は、21世紀の半ばまでに、“地球資源の有限性と環境容量の制約”に直面する可能性が高いといわれています。それを乗り越えていくためには、持続可能な社会の形成が急務であり、その社会の実現を担うための高度な専門知識を持った人材が求められています。
「環境マネジメント専攻(修士課程)」では、持続可能な社会に向かうための中長期社会変革ビジョンを持ち、環境運営およびエコプロダクツの推進者または専門家として、環境システムの高度な知識と対応力を発揮し、企業や自治体における低炭素化や資源循環の高度化などに貢献できる人材や、地域社会の環境マネジメント推進のキーパーソンとなる人材を育成します。
「環境システム専攻(博士後期課程)」では、人類が持続可能な社会に向かうための、中長期的社会変革ビジョンと高い倫理観を持ち、企業や地域、大学等において、地球規模から国や家庭に至るまでの幅広い持続可能な社会の構築実現に貢献できる人材を養成します。

カリキュラム

■1年で「修士(環境学)」の学位取得も可能に

【環境マネジメント専攻(修士課程)】
本専攻が目指すのは、「持続可能な社会と企業活動に貢献する環境経営の推進者」「エコプロダクツの推進者」「地域社会の環境マネジメント推進者」の育成です。環境経営論、環境バイオ技術論、地域環境政策論、ライフサイクルアセスメント論、都市環境心理学、さらには特定課題研究演習などの幅広い科目を学び、高度な専門知識と実践力を身につけます。

本専攻では、環境マネジメントシステム審査員の有資格者や、企業における環境関係の実務経験者などを対象としたリカレント教育を重視しており、。そのために「社会人1年制短期コース」を設けています。すでに企業の環境部門などで経験を積んだ社会人や、環境マネジメントの運用実績や地域社会における環境活動などで十分な専門知識と実績ある社会人は、1年間で修士課程を修了できます。

修了後の進路:環境コンサルタント/省エネアドバイザー/各種環境マネジメントシステム(EMS)専門職/エネルギーコンサルタント(ESCO業務など)/企業の環境室、CSR室担当/国や地方公共団体の環境専門職など

【環境システム専攻(博士後期課程)】
環境システムに関する最新の諸課題を理解する「環境学基盤研究」、環境マネジメント分野の基盤となる持続可能な発展の概念について多角的に究明する「環境マネジメント研究」、エコプロダクツの基盤となる環境配慮設計などについて体系的に学ぶ「エコプロダクツ研究」といったカリキュラムを用意。環境システムについての高度な知識と能力を有した環境マネジメントの専門家やエコプロダクツの専門家、政策面も含めた基礎研究・応用研究に携わる研究者を育成します。

修了後の進路:環境マネジメントの専門家/エコプロダクツの専門家/持続可能な社会の構築に向け政策面も含めた基礎研究、応用研究に関わる研究者など

ページ上部へ