武蔵野大学大学院 看護学研究科

135-8181 東京都江東区有明三丁目3番3号
武蔵野大学 入試センター
TEL 03-5530-7300

  • ホームページを見る

研究科紹介

基本情報

●看護学専攻[修士課程]
学位:修士(看護学)
修業年限:2年
キャンパス:有明キャンパス
※長期履修制度あり

●看護学専攻[博士後期課程]
学位:博士(看護学)
修業年限:3年
キャンパス:有明キャンパス

概要

■看護における教育・研究者や実践のスペシャリストを育成

看護学は、地域社会の人々の健康と福祉の向上に関わる実践の学問です。看護学の学術研究を通して社会貢献できる教育者や研究者、医師を含む保健・医療・福祉の分野において看護専門職としてマネジメント能力を発揮する倫理観に富む人材の育成が求められています。こうしたニーズに応えるために、本研究科「修士課程」では、ケアを中心とした看護学を体系化することができる「教育・研究者」、母子、地域、成人の看護領域における看護実践の場において、的確な臨床判断および熟練した高度な技術を用いて、患者やその家族に対し直接的なケアを行うとともに、部下や関係者のケアマインドを涵養していく能力を備えた「看護実践のリーダー」および精神看護領域において高い専門性を持つ看護スペシャリスト(専門看護師)を育成します。
さらに「博士後期課程」では、現職の看護職者を含む3年以上の看護実務経験を有し、看護系大学院の修士課程を修了している社会人を主な対象として、本学の建学の精神である、仏教精神に基づく人格教育の理念のもと、人格的にも高潔な教育・研究者の育成を目指しています。

カリキュラム

■専門看護師としての高度な知識を身につける

本研究科が目的とするのは「専門看護師」の育成です。
専門看護師とは、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族および集団に対して、水準の高い看護ケアを効率よく提供するために、特定の専門看護分野の知識と技術を深めた者のこと。本研究科「修士課程」では、日本看護協会が認定する専門看護師(精神看護)の受験資格を得るための専門看護師(38単位)の教育課程審査を平成31年度に申請する予定です。
「博士後期課程」では、社会に貢献できる教育者や研究者を育成するために、『母子看護学領域』『地域看護学領域』『成人・精神看護学領域』『看護教育・管理学領域』の4領域にわたって多様な専門課目が設けられています。

■修了後の進路
〔修士課程〕
修了後の進路:看護教育機関の教育・研究者/保健医療機関/地域で精神医療を担う医療機関や、精神診療連携 拠点病院
〔博士後期課程〕
修了後の進路:看護系大学/看護教育機関や研究所/行政機関等における教育・研究者

ページ上部へ