TOPICS

MBA国際認証機関「AMBA」の継続認証審査に合格【名古屋商科大学大学院】

名古屋商科大学大学院

名古屋商科大学大学院は2014年4月、世界的なビジネススクール認証機関である「Association of MBAs(以下AMBA)」の認証継続審査に合格した。
AMBAはMBA学位を発行する教育機関の質の保証を目的とした世界的な組織で、各ビジネススクールの教員および教育プログラムの質を審査し、基準を満たした組織に対して認証を与えている。現在、国内のビジネススクールにおいて認証を取得しているのは名古屋商科大学大学院のみ。AMBAをはじめとする国際認証機関の認証を受けることが一流MBAの証であるという世界的な潮流の中で、2009年に国内ビジネススクールとして初めて認証を取得した。
名古屋商科大学大学院は、現在、AMBA認証プログラムを東京、大阪、名古屋の3キャンパスにて開講している。今後、世界に通用する教育を一層拡充させるため、名古屋の中心部である丸の内に新キャンパスを建設中だ(2014年12月完成予定)。新キャンパスは、図書館、食堂、研究室、双方向の講義を可能にする講義室などを備え、従来のプログラムに加え、社会人や企業を対象にあらたなプログラムも展開する。国内唯一のAMBA認証取得校として、アジアを牽引するビジネスリーダー育成プログラムを今後も提供していく。

ページ上部へ