青山学院大学大学院国際マネジメント研究科

150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
学務部専門職大学院教務課
TEL 03-3409-8025

  • ホームページを見る

先輩紹介

加藤 由将さん

加藤 由将さん
青山学院大学大学院
国際マネジメント研究科 修了
東京急行電鉄勤務

20~30代 働きながら学ぶ 幅広い知識の習得

自分が望めば望むだけ吸収できる毎日

社内で新規事業を立ち上げた経験から、ビジネスを基礎から体系的に学び直す必要性を感じ、ビジネススキル全体をレベルアップして、もう一度新規事業の立ち上げにチャレンジしたいとの思いで入学を決意しました。青山ビジネススクール(ABS)を選んだのは、海外も視野に入れたグローバルスタンダードに準じたカリキュラム編成や、ビジネスプランニングという新規事業の立案・遂行に関する体験的学習プロジェクトに魅力を感じたからです。
すでにビジネスマンとしてある程度の経験を重ねていれば、自分の専門領域を中心に学ぶという選択もあったかもしれませんが、まだ若くビジネスの体系的な知識も不十分だったこともあり、基礎科目をしっかり押さえながら経営戦略とアントレプレナーという軸を持って入学しました。
そうした貪欲な姿勢で臨んだからか、毎日の授業は本当に楽しいものでした。自分が望めば望むだけ吸収することができる、そんな環境でした。仕事との両立で時間に追われる日々でしたが、私の場合はそうした大変さよりも新たな学びを得られる喜びのほうが勝っていたように思います。

ビジネスの仕組みへの理解が、自身をステップアップさせる

カリキュラムは、基礎知識を幅広くインプットしたうえで、ケーススタディを繰り返しながらアウトプットしていくなど、学びがより効果的になるよう実践を意識した形で組まれています。
なかでも印象に残っているのは、経営戦略に関する講義です。事業戦略ではなくレイヤーを上げて経営戦略をきちんと学ぶことで、事業戦略のレイヤーだけで考えても解決しなかった問題を解決できたり、また、あらゆる企業活動の意味が頭の中で有機的につなげられたときは感動しました。
講義でのディスカッションも非常に印象深いものでした。ABSには、年齢も業種も職種も違う、異なる背景を持つ仲間が机を並べています。ビジネス経験豊富な方々と同じテーブルでフラットにディスカッションをすると問題を多面的に捉えることができて、新鮮かつ興味深いものでした。人生をかけるような大きな仕事に取り組むために学びに来た人たちの集中力は高く、教員の方々はもちろんですが、そうした同期の仲間からの学びも大きいものがありました。

“その先”を明確にして貪欲に学んでいけば、得られるものは多い

入学にあたって最も重要なのは、「なぜ学ぶのか」を自身できちんと認識することだと思います。キャリアデザインをして、ここでの学びの先に、どこにたどり着きたいのかを明確にすることが大切です。ABSで得た知識とネットワークを使って自分にレバレッジをかけて大きな仕事に結びつけていく。なんとなくいくのではなく、“その先”を明確にして、目標にたどり着くために、ABS で何を身につけたらよいかというビジョンと軸をはっきり持っている人は、無駄がなく、学びも大きいはずです。自身のキャリア設計に沿って貪欲に学んでいけば、得られるものは限りなく多いように思います。
先生方は、それぞれの領域で最先端の研究をして、現在と未来の境界の先端を走っていらっしゃいます。体系的にまとめられた最先端の情報をしっかり引き出して吸収し、目標としている場所へ自分を運ぶアクションにつなげてほしいと思います。
私は現在、会社に対して積極的にプロジェクトを提案し、部署や会社の垣根を超えて広く社会に価値を提供しています。ABSで学んだ「サーバント・リーダーシップ」を元に、実際の現場で実績を積み重ねながら、さらなるステップアップを目指しています。

ページ上部へ