早稲田大学ビジネススクール(早稲田大学大学院経営管理研究科)

169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田キャンパス11号館 大学院経営管理研究科
TEL 03-5286-8719
URL:https://www.waseda.jp/fcom/wbs/

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

先輩紹介

山根 孝之 さん

山根 孝之 さん
早稲田大学ビジネススクール
夜間主総合修了

経営スキルを学びグローバル展開に貢献したい

将来は世界を舞台に活躍したいと考え、学部時代は国際関係学を専攻。就職した米国系企業で情報システムのスキルを身に付け、4年前に資生堂に転職しました。現在、国際事業部国際事業企画部に勤務しています。当初はグローバル化に対応した情報システムの構築を行う業務を担っていましたが、現場での経験を重ね、海外の現地法人の人々の声を聞いたりするうちに、会社がより適切に効果的にグローバル展開を行っていくことに貢献するためには、今持っている情報系のスキルだけでなく、マネジメントや財務といった経営者に必要なスキルと視点を身に付けなければならない、そして職場でそれを存分に発揮したいと思うようになりました。
大学院を選ぶにあたっては、仕事を続けながら学べるのが大前提。いろいろ調べると、夜間コースもある早稲田大学ビジネススクール(以下WBS)は、指導陣が素晴らしく、「現場力」の提唱者である遠藤功教授やベストセラー『戦略管理会計』で知られる西山茂教授など、ビジネスマン憧れの方々が名を連ねています。その方々から直接指導を受けられるということが、WBSを選んだ一番の決め手でした。

1年次のプレゼミでじっくり見極める

WBSの夜間には「夜間主総合」と「夜間主プロフェッショナル」の2つのコースが用意されています。私は、ビジネス全般を学びつつ得意領域を掘り下げていきたかったので、専門性を磨きあげていくプロフェッショナルコースより、総合コースを選びました。授業は平日夜間と土曜の全日で、仕事との両立はまさに時間との闘いの連続です。睡眠時間を削り出勤時間を早めるなどやりくりしながら、受けたい講義はすべて受けてきました。もちろん家族と職場の理解はとても大切です。私の場合は幸いにも上司が海外のMBA取得者で、周囲にも大学院生がいることから、温かな応援をいただいています。
1年次には、プレゼミ「プロジェクト研究エッセンス」が設置されていて、ゼミの担当教員全員の理論をオムニバス形式で学べ、学生は時間をかけて自分に合ったゼミを見極めることができます。私はゆくゆくは海外現地法人の代表になりたいと思っており、そのために重要と思われる管理会計を学べる西山ゼミを選びました。経営トップとしての戦略的なコストマネジメント力は、今後のカギを握っていくと感じています。

優秀な仲間がいるから乗り切れる

私がWBSに入学して一番良かったと感じているのは、意識の高い仲間に出会えたことです。1学年は100人ほどで、20代の若手から50代の管理職まで、多種多様な業界・立場の人たちと切磋琢磨しています。みなこれからのビジネスに危機感を抱いていて、その打開策を見つけるためにWBSに来ています。学びに対する意欲は旺盛で、自主ゼミをしようと声を掛ければ20~30人はすぐ集まりますし、春休みなどの特別講義だと70~80人が集結します。結束力が固く、信頼できる関係を築けているので、互いにビジネスの悩みを相談することも多く、いろいろな角度からのアドバイスをもらえるので感謝しています。
毎日がハードではありますが、この2年間は徹底的にやろうと固く決心して入学したのに加え、こうした多くの信頼できる優秀な仲間がいるから乗り切れているとも強く感じています。一人だと途中で迷ったり止まったりしてしまうことも、ここならば進み続ける力がもらえる。そういう場所を持つことができたのは大きな収穫です。
自らの力を高めたいと考えている多くの人にチャレンジしてほしいと思います。

ページ上部へ