大阪工業大学 知的財産専門職大学院

大阪工業大学大学院 知的財産研究科事務室
TEL:06-6954-4163 FAX:06-6954-4164

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

教授紹介

小林 昭寛 教授

小林 昭寛 教授
大阪工業大学
知的財産専門職大学院
知的財産研究科長

産業界が求める知的財産の専門家を養成します

安価で高品質な「ものづくり」を得意とする日本。優れた技術力を持つ日本。しかし、新興国の台頭や世界的な経済停滞の中で、それだけではグローバル競争を勝ち抜けない時代になって久しい状況です。
日本企業には、技術開発やデザイン開発の成果を知的財産として最大限に活用し、競争力を向上し続ける力が求められています。また、優れたマーケティング活動を通じてブランド価値を高める力や、人気のソフト・コンテンツをビジネスに活用する力が求められています。さらには、これらをグローバルな規模で展開する力も求められています。

こうした状況の下、知的財産の専門家に求められるものは何でしょうか。
まず、特許・意匠・商標といった知的財産権を取得する業務において、知的財産法やその実務に関する実践的なスキルが求められることは当然です。これらに関する契約や訴訟の知識も求められるでしょう。
また、知的財産を国際的規模で保護し活用していくためには、国際的な知財制度に関する知識も必要です。例えば、知財の国際条約や外国の知財法の知識、国際的な契約や外国での訴訟に関する知識などです。
さらには、企業戦略を知的財産の側面から支えることも期待されるようになっています。企業の発展のために将来の企業の姿を経営者と共有し、その実現のために知財をいかに活用するのか、事業ビジョンとともに知財活用の方策を構築して、経営目標をいかに達成するのかを考えることが重要になっています。
こうした幅広いニーズに一人で対応することは実際問題として困難です。そこで、さまざまなタイプの知財人材が必要とされるようになっているのです。本大学院が「イノベーション支援人材」、「グローバル知財人材」、「知財マネジメント人材」の3つの人材像を掲げているのは、そのためです。

こうした多様なニーズに応える多様な知財人材を育成するため、本大学院では、知的財産の分野で長い経験を有する教授陣を産官学の多方面から招聘しています。
企業出身者では、パナソニック、NTT、武田薬品工業、日立製作所、トヨタ自動車などの知財部門のトップ級管理者が教鞭を取っています。官庁出身者では、特許庁の審査官・審判官経験者、経済産業省・公正取引委員会の独禁政策専門家、文部科学省の著作権法専門家などが教員となっています。
こうした充実した教員スタッフによって、体系化した理論と豊富な経験に基づく実務知識の双方を学べる重層的な教育を展開しています。

本大学院では、これから知的財産の世界を志す皆さん、そして激変する知的財産の世界で新たな知識や能力を身に付けようとする皆さんの修学を支援しています。

ページ上部へ