文化ファッション大学院大学

151-8547 東京都渋谷区代々木3-22-1
TEL 03-3299-2701

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

教授紹介

山村 貴敬 教授

山村 貴敬 教授
文化ファッション大学院大学
ファッションビジネス研究科
ファッションマネジメント専攻 専攻長

ファッションのMBAならではのカリキュラム

ファッションマネジメント専攻は、ファッションビジネスにおけるマネジメントを研究し、次世代ファッションビジネスを創造し、マネジメントできる人材を育成することを目的としています。
そのためカリキュラムには、一般のMBAにあるマネジメント領域科目(マーケティング、ファイナンスなど)のほかに、デザイン領域科目(ファッション商品論、色彩論など)、テクノロジー領域科目(アパレル生産論、アパレル造形論など)があります。マネジメント領域科目でも、マーケティングや経営論などはファッション産業向けの内容となっており、また、アパレルマーチャンダイジングなど一般のMBAにはないファッションビジネスならではの科目もあります。
ファッションマネジメント専攻の修了生の進路は、国内外のファッション企業への就職と起業の2タイプがあります。そして、起業を目的として入学した院生には、起業することを目的とした特別のカリキュラムが組まれた起業プログラムも設置されています。

実務家教員による直接指導

本学の特徴は、一言で言って、ファッションビジネスの実務にシフトしていることです。専任教員の多くは、ファッション産業での実務経験や経営指導経験があり、ほかにもファッション産業の実務家が非常勤講師・特別講師として授業を行っています。院生は、企業が経営指導を受けるような感覚で、自らが企画したブランドやショップなどの点検・指導が受けられると言ってもよいでしょう。
「基礎研究プロジェクト」「フィールドプロジェクト」「修了研究プロジェクト」からなるプロジェクト科目にも本学の特徴が表れています。「フィールドプロジェクト」では、院生はインターンシップ、企業からの受託研究、ベンチャー企業の設立という3つの学外活動のうちいずれか(または複数)を選択します。「修了研究プロジェクト」では、2年間のファッションマネジメント実学研究の成果を、研究報告書または企画書の形で作成し、修了研究発表会で発表します。

ファッションビジネスで身を立てたい人へ

本学は、ファッションビジネスのプロフェッショナルを育成する大学院です。ファッションビジネスは、デザイン価値、ブランド価値、技術価値などの知財を創造し、人、物、金、情報などを活用して、それらを利益に結実させるビジネスです。そのためファッションビジネスパーソンには、文化的価値を経済的価値に置き換えるスキルが必要とされています。しかも現在のファッションビジネスは、以前と違って高度化しており、より専門的なスキルが重要になってきました。また、世界の市場を対象にグローバルにビジネスを実践することも求められています。
本学は、ファッションが好きでファッションビジネスで身を立てようとする院生がスキルを磨く、そういった場を与えたいと思っています。
ファッションビジネスは、ベンチャー性の強いビジネスです。この産業は自分の好きなことを仕事にして、しかも若くして起業できる産業です。そのためのスキルアップの場として本学ファッションマネジメント専攻を位置付けてもらえればと思っています。

ページ上部へ