グロービス経営大学院(MBA)

(東京校/オンライン校)
102-0084 東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル
0120-153-981
(大阪校)
532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-1-1 新大阪阪急ビル4F
0120-800-751
(名古屋校)
450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-20 名古屋三井ビルディング新館4F
0120-317-960
(仙台校)
980-6126 宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER(アエル) 26F
0120-188-831
(福岡校)
812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル4F
0120-053-806

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

教授紹介

田久保 善彦 教授

田久保 善彦 教授
グロービス経営大学院
経営研究科 研究科長

ビジネスリーダーに必要な能力を徹底的に鍛える場

グロービスへの進学を考えられている方には、新規事業を立ち上げたい、ベンチャー企業を創造していきたい、あるいは現在所属している企業の現状を打破し、会社や世の中を変えていきたいというような想いを持っている方が多いのではないでしょうか。しかし、どうもその一歩が踏み出せない・・・そういう話をよく聞きます。

なぜでしょうか?色々な理由があると思いますが、私はその大きな理由の一つは、経営に関する知識や経験がないということから来る不安に起因しているものだと思います。

つまり、知らないことが多いから怖い、怖いから一歩を踏み出す勇気を持つことができないということです。ただ単に「MBA」が欲しいというのではなく、自分の想いを実現するための実力、そして行動力をつけたい、という方には、グロービスは最高の場所だと思います。一歩を踏み出すために、全く「知らない」という分野をなくし、行動していくための糧にしていただきたいのです。

例えば、ある組織を任されたとき、ファイナンスの「フ」の字も知らない、会計の「会」の字も知らないということでは怖くて何もできません。グロービス経営大学院で、実践に近い状態で、経営の重要な部分を学んでいただき、最終的には、「根拠のある自信」を身につけていただきたいと思います。そして、そのこと自体が皆さんが自らの可能性を信じ、行動を起こしていくことにつながっていくと私は信じています。

自らの「志」、生き方を見つける場

グロービスがとても大切にしていることの一つが「志の醸成」です。なぜビジネスパーソンにとって「志」が重要なのでしょうか?

グロービスの平均入学者年齢である33~34歳の方であれば、一般的にあと30年程度、仕事をすることになります。大学を卒業してから今までに働いた時間よりもはるかに長いこの時間を、どう生きていくのでしょうか?

「自分は、何が好きで、何をするとわくわくして、自分は何をこの人生で成し得たいのか? どう生きていきたいのか?」そして、「最終的にこの世の中にどのような価値を残したいのか?」

これらの問い対する自分なりの答えを、仲間との切磋琢磨の中で、自分と向き合いながら、磨いていただきたいのです。「志の醸成」には教員や学生との人間関係が極めて大切になります。自分自身を深く見つめるには、自分の意見を伝え、仲間と議論することで新たな自分に自ら気付いていく営みが必要だからです。

そのため、グロービスでは、どのような教員に登壇してもらうか、どんな方に入学していただくかという点に強いこだわりをもっています。

全ての科目で、「志」について教員や学生から問われることは言うまでもありません。特に「企業家リーダーシップ」、「経営道場」など志系と呼んでいる科目、加えて、振り返りセッションや経営者と触れ合う機会である「あすか会議」は、「志の醸成」を強く意識した内容になっています。ここまで「志」にこだわっているMBAプログラムは世界中を探しても珍しいと思います。

一生涯に渡り切磋琢磨していく人的ネットワークを構築する場

グロービスでは、学生の皆さんがお互いに、「こんな方と一緒に自らを高めていきたい」と思われるような方にご入学いただいています。そのため、私自身が自然と心から羨ましいと思えるような、一生涯共に学んでいく仲間を在学中に作られています。ビジネスパーソンである今、本当に困難な状況に直面したときに相談できる仲間、心から信頼できる仲間を作ることができる場は多くないはずです。ぜひ一生涯にわたって切磋琢磨できる仲間をグロービスで作って下さい。

最後に、私がグロービス経営大学院で学ばれている方に、是非実践していただきたいと考えていることで締めくくります。

ビジネススクールで学ぶということは、単に準備された科目を履修するということではありません。大切なことは、集まった学生や教員が全人格的なコミットメントを示し、相互に学びあうことです。その際、重要なことは、

「自分は一体何者なのか?」
「何を得るためにMBAに通っているのか?」
「自分自身がどれだけ価値をこの場に持ち込むことができるのか?」
「自分自身はそこから何を得たいと思っているのか?」
「学んだことを通じて世の中にどんな価値貢献をしたいのか?」

といった問いに対する答えを考え続けることだと思います。
ぜひグロービス経営大学院で、「人生を変えうる経験(Life changing experience)」を!

ページ上部へ