日本工業大学専門職大学院

101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5
専門職大学院
TEL 03-3511-7591 FAX 03-3511-7594

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

教授紹介

水澤 直哉 教授

水澤 直哉 教授
日本工業大学
専門職大学院
技術経営研究科

中堅・中小企業を対象とした技術経営領域の専門職大学院

過去の成功体験の延長線上に未来が描き切れない“変化の時代”を迎えるに当たり、多くの企業が従来とは異なる新たなビジネスモデルを懸命に模索しています。そうした社会状況を背景に、「ものづくり」で日本経済の根幹を支えている中堅・中小企業に高度な技術経営(MOT)スキルを提供し、変革にチャレンジする中堅・中小企業の経営者、ならびに後継者、ビジネスリーダー、起業家を育成・支援するために設立されたのが、本研究科です。
中堅・中小企業の技術経営に焦点を絞ったわが国で唯一の専門職大学院である本研究科では、経営戦略、新事業開発・展開戦略、起業戦略、ならびにそれらを立案し、実行するために必要な課題発見能力、解決能力を備えた、優れた実務能力を有する人材の育成に当たっています。
特徴の一つは、中堅・中小企業の経営者や経営幹部だけでなく、変革に取り組み、チャレンジする中小企業的経営視点からのマネジメントを学ぼうと、大企業の役員や管理職、独立行政法人、政府機関の方など、さまざまな分野の実務経験者が集まっていること。それは異なる業界、立場から違いを学び、相互研鑽しながら発展的なプロセスへとつなげていく仕組みが構築されているからです。

実務に直結するメニューが豊富経験を共有しながら変革を推進

本研究科には3つのコースがあります。「中小企業技術経営コース」は事業改革に取り組む経営者や後継者、「プロジェクトマネジメントコース」は経営戦略のもとにプロジェクトを推進・主導する人材、「起業・第二創業コース」は新規事業を創造する起業家を主な対象としています。
カリキュラムは、これら3つのコース系に加え、「経営共通系」(財務・会計、組織・人材、マーケティング、知財、オペレーション、グローバル、事業承継)と「知識・スキル系」(知識関連、スキル関連)の2系に分かれ、それぞれ「基礎科目」「応用科目」「ケーススタディ」と、系統立てて段階的に学べるようになっています。
修士課程は1年間。平日夜間と土曜日を主体に、集中的かつ効率的に学べるようプログラムを組んでいます。春から冬までの4学期制で、主に前半は共通科目で事業を変革推進していくための経営感覚を高め、後半で各コースの特色に沿ってビルドアップしていきます。
実務に直結する実践的な科目やメニューが豊富な点も大きな魅力です。事例研究をはじめ、テーマ設定やアプローチの方法も、実際の現場を強く意識したものになっています。
当然ながら指導に当たる教員も、中小企業経営に関するトップクラスの研究者をはじめ、経営リーダーを育成・支援する実務経験が豊富な実務家がそろっています。授業の進め方においても、講義だけでなく、インタラクティブな双方向スタイルの授業を展開。ディスカッションや演習、グループ討議を通じて、事例や各自が抱えている課題、さらに変革推進の方向性を明確化させていきます。時には「自分の業界の常識は世間の非常識」だったなどと、新たな価値観に気づくこともあります。教員ならびに実務経験を有する院生間の本音の対話からきっかけを得て、違いを知ることにより視野や視座が広がる。そうしたお互いの“学びの道場”にもなっています。

「特定課題研究」を活用して、自社の「事業計画」の作成も

一般科目のほか、各自の具体的な課題テーマの解決策に取り組むのが、修士論文に当たる「特定課題研究」です。成長戦略、販売戦略、プロジェクトモデル立案、人材育成などテーマはさまざまですが、多くの院生が、他社との差別化をどう打ち出すか、会社をどういう方向に進めるべきかなど、自社の課題を研究テーマに設定しています。ここでも指導教員ならびにグループ討議により、事業変革課題や課題解決策を多面的に掘り下げ、相互にフィードバックをしながらブラッシュアップしていきます。授業から得た成果をそのまま自社の「事業計画」として活用している院生も少なくありません。
また、こうしたディスカッション形式の授業を通じて構築できる人的ネットワークも、修了後の財産です。修了生全員が会員となる「MOT倶楽部」「同窓会」などを、継続的な学びの場、交流の場として多くの修了生が活用しています。
一方、院生が教員に相談できるスチューデントアワーを設けるなどサポート体制も整っており、キャンパスには教員と院生が垣根なく共に学び、研鑽する雰囲気があります。都心の最寄り駅から徒歩2分の交通至便な立地も、働きながら学ぶ社会人にとって通いやすい環境といえるでしょう。
中堅・中小企業の経営者だけでなく、キャリアステップアップを志す方、起業を考えている方、新たな価値創造にチャレンジするスピリットのある方に、ぜひ足を運んでいただきたいと思います。

ページ上部へ