日本工業大学専門職大学院

101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5
専門職大学院
TEL 03-3511-7591 FAX 03-3511-7594

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

教授紹介

清水 弘 教授

清水 弘 教授
日本工業大学
専門職大学院
技術経営研究科

働きながらMOTが学べる1年制専門職大学院

本学のMOT(技術経営)教育は、中小企業に重点を置きMBA的な科目体系に、技術やイノベーションに力点を置いた技術経営を強化しているのが最大の特徴です。実際のビジネスシーンで働いているビジネスマンを対象とし、1年間で効果的に学べる実践的カリキュラムを構築しています。
本学で学ぶ分野は大きく分けて3つあります。まず財務・会計・組織・人材・マーケティング・事業承継などの7つの「経営共通系」科目。次に、営業やマネジメント、統計解析、法務などの「知識・スキル系」の科目で経営の基礎力を養います。
そして3つめは、その発展系として、学生の目的に応じて選べるコース科目を設定しています。中小企業の幹部や管理職がケーススタディを通じて効果的な技術経営を学ぶことができる「中小企業技術経営コース」、企業内でイノベーションや事業開発を目指す人のための「プロジェクトマネジメントコース」、新事業創造や起業を目指す人の「起業・第二創業コース」の3コースから、自分に合った学びを深めることができます。

技術をビジネスにつなげる実践的なコース設計

本学で学ぶ科目は、基礎、応用、ケーススタディと、段階を踏んでレベルアップを図っていくことができるように構成されています。そして、最終的には、院生が勤務する企業での課題解決策を、指導教授とともに研究する「特定課題研究」に取り組み、1年間の学びを具体的な形にまとめ上げていきます。
講義はケーススタディを重視しながら、現実の企業の問題解決の事例に触れ、技術経営の思考力を身につけることを主眼としています。教員には、会社経営者や経営コンサルタントなど実務で活躍する人材が多く、院生の皆さんが抱える課題や目的に必要な知識や思考を授けてくれるものと思います。

「技術力+経営力」でイノベーションを起こせる人材を育成

また、本学は院生の層が幅広く、中小企業の経営者や幹部候補を中心に、事業承継を目指す人、大企業のプロジェクトマネジャー、起業家などまで、その顔ぶれは多彩です。専門分野の異なる院生が議論を重ねることでの学びの相乗効果は、目を見張るものがあります。実際に、院生同士が意気投合して、新しいビジネスを生み出すなど、修了後の交流も活発です。さらに、在学生と修了生とのネットワークをつなぐ「MOT倶楽部」を開設し、勉強会や交流会を随時開催しています。
日本の産業の根幹ともいえる「ものづくり」は、中堅・中小企業の高度な技術力によって支えられています。しかし、いかに優れた技術を持っていても適切な経営・マネジメントが発揮されなくては、企業の発展につながらないのが現実です。「現場は強いが、経営が弱い」「技術は高いが、ビジネスが弱い」。こうした企業の課題解決につながるのがMOT(技術経営)教育です。
これからの日本の中堅・中小企業に求められるのは、「技術力」を武器に、自律的な企業活動を広げ、世の中を変えるイノベーションを起こしていくことです。それを実現させるのは「経営力」です。技術+経営に長けたリーダーの育成に貢献してきたいと考えています。

ページ上部へ