K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科

105-0002
東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル12F
大学事務局 虎ノ門事務室
TEL.03-5777-2227

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

教授紹介

加藤 浩一郎 教授

加藤 浩一郎 教授
K.I.T.虎ノ門大学院
イノベーションマネジメント研究科
専攻主任

実務・実践力の修得を重視。知的財産のプロを育成

知的財産の創造・保護・活用という「知的創造サイクル」をマネジメントするプロフェッショナルの育成をベースに、近年重要視され始めた「イノベーションの実現」に寄与できる人材育成も視野に入れ、教育を展開しているのが、K.I.T虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科です。「ビジネスマネジメント領域」と「メディア&エンタテインメント領域」「イノベーション&知的財産領域」「知的財産実務領域」からなる本研究科の特長の一つは、主に社会人を対象とした1年制の大学院であること。標準年限である1年を4学期に分けたクォーター制採用による体系的かつ効率的なカリキュラムにより、最短1年間での修士学位の取得が可能です。とはいえ、社会人の方が中心ですから、仕事などの都合により1年ではむずかしいケースも十分にあり得ます。そのため、最長3年間の履修期間を自由に設定することができます。
また、教員陣は著名な弁理士や弁護士はもちろんですが、民間企業の知的財産部で実績を持つ多くの方々を教員として招聘。実践的なスキル、知識を修得するための体制を整えています。

弁理士試験の免除制度に対応したカリキュラムを整備

研究科入学者には、弁理士や知的財産管理技能士などの知的財産関連の国家資格を目指す方も多いと思います。そのような方についても、本研究科を修了することにより大きなメリットがあります。
弁理士試験短答試験一部免除については、本研究科の所定の科目を履修することにより、修了生は特許庁に対して短答試験一部免除を申請することが可能です。今まで本専攻を修了した申請者全員について免除が認められている実績があり、弁理士試験を目指す方にとって非常に役立つ制度だと思います。
また、著作権法に関するテーマで修士論文を作成することにより、弁理士試験の論文試験選択科目免除が認められた実績も多数あります。この制度の利用希望者に対しても、適切な研究指導ができる体制になっています。
さらに、本研究科の所定の科目を履修することにより、修了生は知的財産管理技能検定の一部免除を申請できるというメリットもあります。
このような本研究科ならではの多くのメリットは、1年修了の場合でももちろん得ることが可能であり、皆さんの目指すキャリアの早期実現のために有効に活用してほしいと思っています。

一線級の実務家教員とのネットワーク構築もメリット

私は、日本IBMでシステムエンジニアを経験後、知的財産部門に勤務したキャリアなどをもとに、専修科目の「知的財産戦略管理研究」などを担当し、私自身のテーマとしては、知的財産最高責任者(CIPO)の研究を進めています。本研究科が重視するのは実務・実践力の養成であり、どの担当科目でもそうですが、その授業のなかで明日からの仕事に役立つものを一つでも持ち帰ってほしいという気持ちで臨んでいます。
弁理士事務所や企業の知財部門に籍を置く方はもちろんですが、研究開発職、営業職など幅広い職種で知的財産に関わる知識とスキルを身に付けることの重要性はますます高まっています。知的財産の分野で活躍する一線級の教員たちとネットワーキングできるのも、本研究科で学ぶ大きなメリットです。知的財産のプロフェッショナルを目指して、K.I.T虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科の扉をたたいてください。

ページ上部へ