ルーテル学院大学大学院 総合人間学研究科 臨床心理学専攻

181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-20
企画広報センター
TEL 0422-32-2949

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

理念と特色

臨床心理学専攻では、本学の基礎であるキリスト教の精神に基づいた豊かな心で、人々と接することができる専門家の養成を目指します。
「臨床心理の専門家」として、悩みや問題に対して、高度な専門知識と技術を駆使し、医療や教育などのさまざまな現場で働くことができる人材を育てます。
授業は、臨床心理学の核となる、心理臨床的な態度、アセスメント、面接技法、科学的思考の理解と習得を重視します。
また認知行動療法、精神分析的心理療法、交流分析、児童臨床心理、遊戯療法、集団精神療法、パストラルケア、臨床死生学など幅広い心理療法の科目がそろい、それぞれに精通する教員から指導を受けることができます。
実習は、学内に併設された「臨床心理相談センター」で行い、学生は全員、クライエントの心理面接・心理検査などを担当します。
担当するケースについては熟練の現場経験をもつ臨床心理士(教員)のスーパーバイズを毎回受けることができ、さらに専攻全体でのケースカンファレンスを通して学びを深めます。
さらに学外の実習先の多彩さも本学大学院の特長となっています。
医療現場ではデイケアの運営、精神科診断面接の陪席、クリニックの受付、インテークの補助などの研修。教育現場では不登校の児童・生徒の支援、子ども家庭支援の現場で支援などを行い、実践研修を重ねます。

カリキュラムの特徴

臨床心理学専攻では、2つの研究領域を用意しています。
「臨床心理援助方法研究領域」は、「臨床心理士」の受験資格取得に必要な科目を提供し、心の専門家としての基盤を築きながら、心理学の基本である科学的思考に基づき、理論と実践について学びます。また、大学で心理学を専攻しなかった院生にも配慮し、心理学研究法(質的研究・量的研究)を基礎から指導します。
「キリスト教と臨床心理学研究領域」は、本学の基礎をなすキリスト教精神(愛と献身の精神)をもち、心理・教育・医療機関などの臨床現場で活躍できる人材を育成するため、一人ひとりの心の問題の解決と共に、キリスト教信仰の中核をなす「スピリチュアルケア」について、その理論と実際を学びます。
※本学の臨床心理コース、大学院臨床心理学専攻は「公認心理師(国家資格)」養成に対応したカリキュラムを準備しています。

高い「臨床心理士」資格合格率

本学は2006年から日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定校になっており、毎年安定した臨床心理士資格合格率を誇ります。
2015年度「臨床心理士」資格試験に修了生7名が現役合格(合格率58.3%)しました。また、2005年の大学院開設から10年の節目を迎え、当大学院修了生は103名となり、89名(受験者98名)の合格者を輩出し(修了生受験率95%、合格率90.8%)、臨床心理の様々な専門分野で活躍しています。

ページ上部へ