二松学舎大学大学院 国際政治経済学研究科

〒102-8336 東京都千代田区三番町6-16
教学事務部 入試課 03-3261-7423

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

研究科概要

本研究科では、国際的な視野に立ち、政治・経済・法律の領域から世界経済を考察していきます。研究の中心となるのが、成長著しい東アジア。現代社会が抱える複雑で多岐にわたる問題に対応するため、幅広い学問領域を網羅する専門家と多彩なカリキュラムを用意しています。少人数による充実した授業と徹底的な個別研究指導により、広い国際的視野と実践的対応力を身につけた真の国際人を育成します。

多様なニーズに応える2つの専修

本研究科は国際政治経済学専攻の下に、下記の2つの専修を設置しています。幅広く深い研究領域を提供するとともに、学生たちの多様なニーズに応え、グローバル社会で活躍する人材を育てます。

■国際政治経済学専攻 国際政治専修
基礎科目として理論、歴史を中心に学び、応用科目として、東アジア、ヨーロッパ、アメリカ、東南アジア、中東、ロシアといった各地域情勢を学びます。また、国際法、安全保障、国際機構といった領域も学ぶことが可能です。国際社会において次々と生起する紛争や政治的動乱といった重大事件の本質を見抜き、変動激しい世界の動きを正確に理解する力を身につけます。

■国際政治経済学専攻 国際経済専修
マクロ経済、ミクロ経済、貿易、国際金融、経済開発、経済史、海外直接投資等の各分野において、基礎を理論的にじっくり学ぶとともに、実態経済への応用として、日本経済、世界経済、多国籍企業の国際企業経営、人的資源の管理・育成の実態について理解を深めます。中国、ASEAN、インド等のアジア諸国をはじめとした成長著しい新興国の市場・経済・政治・社会・文化についての識見を修得することも重視します。

社会人も受講しやすい昼夜開講制

本専攻は社会人も受講しやすいように平日は10:50~21:30、土曜日は10:50~16:20の時間割となっております。

社会人学生対象 標準修業年限1年コース

本研究科の修士課程には、社会人学生を対象とした課程修了のための標準修業年限1年のコースがあります。

ページ上部へ