事業創造大学院大学

950-0916 新潟市中央区米山3-1-46
事業創造大学院大学事務局
TEL 025-255-1250

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

起業家や組織内事業創造を担い得る人材を育成する大学院

事業創造大学院大学においては、わが国が直面する課題を広く認識するとともに来たるべき時代の潮流を把握しつつ創造的な経済・産業活動に取り組む人材を育成します。すなわち自ら起業に取り組むことができる資質、また組織内において新しい事業を創出することができる資質(アントレプレナーシップ)の形成につながる教育を行い、地域を再生する人材を育成することにより、真に活力あるわが国経済の発展に貢献します。本学ではそのために「研究に基づいた実践、実践に基づいた研究」を理念に掲げ、あくまで、起業を実現しかつその事業を発展させるにふさわしい高い能力と識見と専門性を備えた、事業創造実践家の育成を目指します。

MBA取得を目指すだけでなく起業家の育成・輩出にこだわる

(1)実現性の高い事業計画書を作成
大学院の修了要件として、修士論文の作成ではなく、院生一人ひとりが「事業計画書」を作成することが大きな特徴です。個別指導または少人数ゼミ形式での指導体制とともに、起業をバックアップする体制が整っています。

(2)事業創造につながる幅広いMBA科目の選択
起業家を目指す方々のためにアントレプレナーや事業環境分野の科目を開設しています。また、事業家、経営者として不可欠な経営戦略、マーケティング、会計・財務経営戦略などの経営・マネジメントに関する科目を体系的に学ぶことでMBAが取得出来ます。

起業家育成に向けて集結したプロフェッショナル教員が指導

(3)経験豊かな実務家教員と研究者教員が指導
事業創造のスペシャリストを育成するという目標を達成するための適切な教員配置を行っています。基礎理論の修得が重視される科目には研究者教員を中心に、実務的な要素が強くなるにしたがって実務家教員を配置し、理論と実務を架橋した教育を行います。

(4)日本を代表する経営者・創業者・学識者が客員教授として集結
第一線で活躍する起業家や経営者の方々が客員教授に就任し、年間を通じて特別講義を行います。現役経営者や大企業の創業者が語る体験談は、起業を目指す院生に新たな気付きを与えてくれるとともに情熱を掻き立てる場として大変貴重な機会です。

グローバルに広がるネットワーク形成や仕事との両立を実現

(5)グローバルに形成される人的ネットワーク
院生の多くはさまざまな業種や職種で働きながら本学に通っています。また、ベトナム・カンボジア・インドネシアなどのASEAN諸国、中国・韓国をはじめとした国々から優秀な留学生も積極的に受け入れています。そうした院生同士の交流、教員との交流、OBとの交流などを有効に活用することによって、ローカルな人脈、グローバルな人脈を形成することができます。

(6)社会人でも仕事を継続して学べる環境を実現
授業は主に夜間(昼間も可)と一部の土曜日に開講、欠席した授業は録画DVDを視聴可能、学内SNSの導入、最長4年までの長期履修生制度の開設、春・秋年2回の入学機会を設定、新潟駅から徒歩5分の交通至便なキャンパスなど社会人の方々が仕事を辞めずに学べる環境を提供しています。

「MBA+税理士」(税理士試験税法2科目及び会計1科目免除申請が可能)

(7)少人数形式による演習指導に税法演習・会計演習が誕生
事業創造大学院大学は起業家ならびに組織内事業創造を担い得る人材の育成を目的とする大学院ですが、将来、税理士として、独立開業を目指す方や組織内において経営参画を担う方のニーズにも対応するため、税法演習・会計演習を開設しています。本学で税法(会計)に関する科目と税法演習(会計演習)を選択し、税法(会計)に関する修士論文を作成して修了すると、税理士試験の税法科目2科目(会計科目1科目)の免除申請をすることが可能となります。さらに、会計や税法だけではなく幅広く経営関連の科目を学ぶことが出来ますので、経営者の多様なニーズに応えられる税理士になることが出来るはずです。将来税理士として独立開業を目指す方にとって大変有益な演習です。

ページ上部へ