北海道医療大学大学院 心理科学研究科

061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757
入試広報課 
TEL 0120-068-222(フリーダイヤル)
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~shinri/

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

臨床心理学専攻

■(財)日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士養成第1種指定大学院
本専攻は、(財)日本臨床心理士資格認定協会が認定する臨床心理士の養成を行っています。修了後は実務経験なしで臨床心理士の資格試験を受験することが可能です。社会の要請に的確に応えるため、教育課程の改革、実習教育の改善、インターネットを活用した遠隔地の臨床心理的援助、地域支援事業の4つの柱として、先駆的な教育・研究を行っています。

言語聴覚学専攻

■独立した専攻として初の言語聴覚学専攻開設
言語聴覚士は、医師やほかのコメディカル職種とチームを組んで、障害の検査・診断ばかりでなく、実際の治療行為にも関わるため、より高度な専門性と学問性が要求されます。本学では、これらの社会的ニーズおよび学問的ニーズに応えるため、2006年4月、心理科学研究科言語聴覚学専攻を開設しました。

■臨床実践能力を磨き高度専門職業人を養成
本専攻は、新しい医学的知見やテクノロジーを導入した研究的臨床研修プログラムを通して、多様な言語聴覚障害に対応できる臨床実践能力を磨き、専門性・技術性・総合性の面でバランスのとれた高度専門職業人を育成します。博士課程は、言語聴覚学の各分野において高度な研究能力を備えた指導的専門職業人としての言語聴覚士、研究者、指導者の養成を目的としています。

施設・設備

■心理臨床・発達支援センターを設置
心理科学部に附属する専門相談の支援機関として、「心理臨床・発達支援センター」があります。センターでは「赤ちゃんからお年寄りまで」をモットーに、子育てや学校生活での不安や悩み、自分の性格や対人関係の相談など、あらゆる年齢の方の心の健康のために、心理科学研究科臨床心理学専攻の教員と指導を受けている大学院生が幅広い支援・援助・助言を行っています。

社会人の受け入れ体制

■社会人にも広く門戸を開放
本研究科では社会人学生の受け入れを設立時の2004年度より開始し、特別選抜を実施しています。心理科学研究科の主な社会人入学対象者は、臨床心理学専攻か、4年制大学等を卒業後、学校教員、医療技術・社会福祉分野等での社会人経験が3年以上ある方。言語聴覚学専攻が、大学を卒業した方で関連領域で3年の実務経験経験者ほか、医療系短大・専門学校を卒業し、医療関連の専門領域で3年以上の社会人経験がある方です。
また、職業を有している社会人などが標準修業年限を超えた一定期間にわたって、正規の学生として計画的に教育課程を履修して修了できる長期履修制度も導入しています。
そのほかにも、一定科目について、本大学院生以外でも履修できる科目等履修生制度もあり、社会人が職場を離れることなく、学習できる機会を設けています。

ページ上部へ