成蹊大学大学院 経済経営研究科

180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
入試センター
TEL 0422-37-3533

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

概要

高度職業人養成コースでは、複雑多岐な現代社会の特質を解読し、優れたエコノミストや経営・会計のプロフェッショナルに求められる高度な能力を養います。研究者養成コースでは、経済学、経営学それぞれの分野において、創造性豊かな優れた研究活動を行っていくための基礎的な能力を養成します。博士後期課程では、独創性をもって社会に貢献することを目標に、さらに研究を深め、博士学位取得を目指します。

専攻

■高度職業人養成コース
●経済・マネジメントプログラム
経済学、経営学をベースにして実践的な経済政策やマネジメント手法の基本を修得し、高度専門職業人としての基礎を養成するプログラムです。

●長期履修プログラム
高度職業人養成コースの経済・マネジメントプログラムの課程を4年間で計画的に学修していくプログラムです。年間8~10単位程度を修得していきます。各年度の授業料は一般プログラムの半額になります。このプログラムを履修するためには、まず科目等履修生として半年以上在籍している必要があります。

●公共政策プログラム(経済学専攻のみ)
財政、福祉などの公共政策に関する知識を修得し、政府や地方行政に関する高度な職業に従事する人材の育成を目的としたプログラムです。

●高度税務プログラム(経営学専攻のみ)
特に税務に関して専門的な研究を行い、将来、税務に関する高度な職業に従事する人材の育成を目的とします。

■研究者養成コース
専門的な研究者になるという強い意欲と情熱を持った人のためのコースであり、博士後期課程への進学を想定したコースです。

研究科の特色

・重点学習で最大限の効果を引き出す「モジュラーユニット方式」
履修の目安として、専門科目がユニットに区分されています。

・自由の中にこそ自律がある「自己設計科目」
修了所要単位の中に自己設計科目という区分があり、自分で関心のある科目を自由に修了所要単位の中に組み込むことができます。

・経済学、経営学、統計学未修者にも対応「補助演習で基本科目のサポート」
経済学、経営学、統計学のいずれかが未修の者には補助演習が用意されており、入門にあたる基本科目の修得が十分に行えるような万全のサポート体制が整えられています。

・自分にあった学修計画「弾力的な修業年限(高度職業人養成コース)」
一般プログラム(標準修業年限2年)や長期履修プログラム(修業年限4年)などを開設しています。

・最高の成果には最高の褒賞「早期修了制度(高度職業人養成コース 経済・マネジメントプログラム)」
成績が極めて優秀で研究成果も優れている学生は、1年で修了し、修士の学位を取得することができます。
※経済・マネジメントプログラム、公共政策プログラムに適用

ページ上部へ