専修大学大学院 商学研究科

〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1(生田校舎)
大学院事務課 TEL 044-911-1271

  • 資料を請求する
  • ホームページを見る

研究科紹介

概要

商学研究科は、1975年4月に修士課程商学専攻、1977年4月に博士後期課程商学専攻を設置、2010年に会計学専攻(修士課程・博士後期課程)を開設し、現在のような2専攻となりました。
本研究科では、目的に応じて専攻ごとにコースを設けています。商学専攻の「ビジネスコース」および会計学専攻の「プロフェッショナルコース」は、神田キャンパスで平日の夜間および土曜日に開講します。基礎理論の教育を重視し、幅広い教養の中で専門の研究・実践を通じ、高度の専門職業人を養成します。社会人や税理士等の資格獲得を目的とする学生の教育に力を入れており、これまでも多くの実績を上げています。
商学専攻および会計学専攻の「アカデミックコース」は、生田キャンパスで昼間に開講します。アカデミックコースでは、学術的研究を目的とする学生を主として受け入れており、研究を継続して研究者への道を進む大学院生も積極的に奨励しています。

カリキュラム

商学専攻のビジネスコースは主に社会人を対象として、実践的なビジネス教育を行います。コンセプトは地域と産業とアジアの発展を支える実践的な人材の育成です。本コースでは多様な価値観と能力を認め、グローバルスタンダード一辺倒でなく、地域の現実や特殊性を理解し、自立性を持って問題に対処できる実践的な社会人の育成を課題とします。多彩な専門分野の科目を用意しており、マーケティング、流通システム論、現代商品市場論等の商学分野、経営戦略、企業論、中小企業論、起業論等のビジネス分野、リスクマネジメントと保険、証券市場論、金融等の金融分野での専門的な学修ができます。また数量分析、情報分析の科目も設け、数量的な分析も推奨しています。
会計学専攻のプロフェッショナルコースでは、財務会計、管理会計、会計監査、税法等の会計分野での専門的な学修ができます。
ビジネスコースとプロフェッショナルコースでは、より多彩な専門的研究を促進するため、修士論文のほか、それに代わるものとしてリサーチペーパーを認めています。勤務している企業の経営分析や、事業の展開戦略の検討等の実践的な研究成果をリサーチ・ペーパーとしてまとめることができます。
商学専攻、会計学専攻ともに、アカデミックコースでは、生田キャンパスにおいて多様な科目群を開講しています。従来からの研究者養成だけでなく、高度専門職業人の育成にも力を入れています。

セメスター制

商学研究科の修士課程はセメスター制をとっています。前期2単位、後期2単位と独立しており、セメスターごとに成績評価を行います。
両専攻とも、同一専攻内の各コースに開講されている科目は相互に開放されており、学生はどちらの科目も履修することができます。またビジネスコースとプロフェッショナルコースでは、神田キャンパスで開講している経済学研究科とも連携して、密接に関連した分野の科目を履修することが可能など、他の研究科とも相互履修の制度があります。

ページ上部へ